コナン 79巻は?

コナン 79巻は?

名探偵コナン78巻を読み終えた感想は、久しぶりに黒の組織に関わる話で面白かった。ここ最近、急激に新しいキャラクターが増え始めて、そこでプロフィールを秘密にされたり謎だったりしていたのが、一気に解決してスッキリ出来た78巻。

 

⇒コナン79巻の感想と80巻の発売日。

 

名探偵コナン79巻の発売日

 

新巻の79巻の発売日も楽しみになりました。ちなみに、名探偵コナンの79巻の発売日は、2013年4月18日です。発売日まで2ヶ月ほどです。春が待ち遠しい。

 

ただ、名探偵コナン78巻に付いていた帯には、”コナンvs黒ずくめ 全編完全収録!!! ついに明らかとなるバーボンの正体!!そして、真実の終着駅へ・・”というタイトルから、黒の組織がもっと解明されるのかな?と期待してしまった。

コナン78巻の表紙と帯の画像
名探偵コナン表紙79

78巻ではバーボンの正体が明らかになっただけで、79巻以降も黒ずくめの男たちの正体はまだまだ引っ張られそうな予感です。本棚には名探偵コナン、ワンピースを筆頭に、置き場がなくなってきて困っている・・。

 

個人的には、黒の組織の話に決着をつけて、でもまだ大人に戻る薬が作れないからしばらくは新一ではなくコナンで生活しつつ、事件を解決していくというストーリーで続けてほしい。

 

黒の組織が絡んでくると、とたんに読みやすかった名探偵コナンが難しくなって文字量も増えて、一気に読めないくらいのボリュームになる。もっとシンプルに殺人事件を1話~2,3話完結で進めて欲しいし、そうすると読む人も増えそうな気がする。

 

さすがに約80巻もの量が出ている名探偵コナンを今から読む人も少ないだろうしねぇ。まぁ、でも黒の組織を終わらせるのは名探偵コナンの最終話にもなりそうなので、解決して欲しいようで解決してほしくない気持ちもあったり。

 

名探偵コナン79巻の発売日、4月18日が楽しみです。コナンは表紙がいつも似ているので、間違わないようにしないとねぇ。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク