頸椎ヘルニアにPLDD

頸椎ヘルニアにPLDD

PLDDとは、レーザー椎間板減圧術という方法で、頸椎ヘルニアの保存療法と手術の中間的な治療という位置づけにある方法です。

 

PLDDの方法

 

PLDD(レーザー椎間板減圧術)は、レーザーで椎間板の中側の圧力を減らすという簡単な手術方法。椎間板の髄核に針を差し込んで、レーザー光線を15分ほど照射する。

 

照射された部分が蒸発し空洞が出来て、髄核内の圧力が下がる。するとヘルニアの飛び出している部分が内側に戻って神経根の圧迫が治まってヘルニアが改善するという方法。

 

メリット・デメリット(費用など)

 

PLDD(レーザー椎間板減圧術)の手術時間なら、15分程度の短時間。状態もよければ入院せずに日帰りも可能な手術という手軽さも人気があるようです。※基本的には入院という病院も多いようです。

 

PLDD(レーザー椎間板減圧術)による腫瘍などの副作用もないようですし、レーザー照射に細い針を刺すだけなので、傷跡にも残りにくいので、女性だけでなく男性にも安心できる。ただ、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

PLDD(レーザー椎間板減圧術)は注射ですから、針から細菌が入る感染症などのリスクはありますし、頸椎ヘルニアの初期症状に効果があるということで、頚椎椎間板ヘルニアも重症になっていると効果は薄いようです。

 

PLDD(レーザー椎間板減圧術)の費用は病院によってもことなりますし、健康保険が適用されないことから治療費は数十万円くらいかかってしまうことも問題です。

 

自分が本当にPLDD(レーザー椎間板減圧術)が必要な頚椎椎間板ヘルニアかどうかを見極めるためには、病院に行く必要があります。検査を受けるにしても予約が必要です。ただ、手術を実施している病院が少ないというのもデメリットの1つです。

 

東京や大阪、愛知県などの大都市では頚椎椎間板ヘルニアのPLDD(レーザー椎間板減圧術)を受けられる病院はいくつかあるようですが、なかなか田舎のほうだと難しいかもですね。私の住んでいる地域だと、大阪の福島か、愛知県の名古屋に2件あるようなので助かりますが・・。でも費用が高いですね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク