柿渋とウイルス

柿渋とウイルス

テレビを見ていると、柿渋(かきしぶ)の効能・タンニンがノロウイルスやインフルエンザに効果的というニュースが放送していました。柿渋に含まれるタンニンがノロウイルスやインフルエンザに効果があるとのことで大注目です。

 

同じ天然由来の緑茶のタンニンよりも優れているのが柿渋のタンニンとのこと。ノロウイルスやインフルエンザウイルスの他にも柿渋のタンニンは有効のようです。

 

柿渋の効能(タンニン)で退治できるウイルス(広島大学の研究結果)

 

・ノロウイルス・・・症状は吐き気、下痢など

・インフルエンザウイルス・・・高熱、関節痛など

・ヘルペスウイルス・・・発疹、水ぶくれなど

・ポリオウイルス・・・夏風邪

・アデノウイルス・・・プール熱、結膜炎など

・ロタウイルス・・・下痢など

・コクサッキーウイルス(手足口病)・・・水疱性発疹

 

などなど、非常に多くのウイルスに柿渋のタンニンの効果があったようです。広島大学の研究では、12種類のウイルスへの無効化。凄い実験結果です。柿渋を飲む訳ではなく、消毒液などのスプレーで効果があるようです。

 

柿渋の消臭スプレーなどは製品化されていますが、柿渋を使った消毒液などの発売はまだこれからで、製品化・商品化はないようです。

 

渋柿?柿渋??

 

柿渋は、青い状態の柿の汁を発酵させて出来るもの。液体ではオレンジ状。柿渋は、渋柿から取れるというのではなく、甘い柿でも渋い柿でも青い状態の柿なら取ることが出来る。でも、甘い柿から取るのは勿体ない気もしますね、柿は苦手ですけど。そして、柿渋の作り方はとても難しい。腐敗することもあるし、作るのに時間も手間もかかる。

 

柿渋と渋柿・・なかなかややこしくてごっちゃになりますが、ちょっと混同してしまう。柿渋は天然由来の成分のため、万が一、子供が誤って口に入れるということもまだ安全なものなので、柿渋のウイルス消毒液に期待しています。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク