ノロウイルスに柿渋

ノロウイルスに柿渋

広島大学の坂口剛正教授が、柿渋がノロウイルスに効果があると発表していました。ノロウイルスはアルコールでは完全に死滅しないので、柿渋がノロウイルスを死滅させるというのは凄い発見ですね。

 

毎年ノロウイルスが流行する時期には予防や対策を頭に入れているものの、感染経路はやっぱり防げない。ノロウイルスと柿渋の関係やメカニズムを詳しく解明して、ノロウイルスを撲滅させる消毒液などを開発してほしいなと。

 

柿渋のタンニンがノロウイルスに効果あり

 

柿渋がなぜノロウイルスの効果があるのかと言うと、柿渋に含まれているタンニンが凄いそうです。柿渋のタンニンがノロウイルスに結合して、ノロウイルスを固めてしまうということで、細胞に感染できなくなるということが実験の結果から分かったそうです。

 

柿渋のタンニンという成分がノロウイルスの表面全体を覆うように結合することで、ノロウイルスの活動を抑制して、人の細胞にノロウイルスが結合することを防ぐという効果があるとのことで、ノロウイルスの感染を防いでくれる効果が高い。

 

柿渋のタンニンの効果は、ノロウイルスだけでなく、インフルエンザやポリオなど広い範囲のウイルスに効果があるということが分かっているようです。植物由来のタンニンなので、体にも悪くない。

 

柿渋のウイルスへの効果(広島大学の研究結果)

 

エタノール

ノロウイルス ×、ポリオ ×、コクサッキーウイルス(手足口病) ×

 

緑茶由来のタンニン

ノロウイルス ×、ポリオ ◯、コクサッキーウイルス(手足口病) ×

 

柿渋由来のタンニン

ノロウイルス ◯、ポリオ ◯、コクサッキーウイルス(手足口病) ◯

 

実験で試した12種類のウイルスにも効果があったそうなので、柿渋由来のタンニンに期待が高まります。

 

ちなみに、柿渋とは、熟す前の青い柿を潰すことによって発酵させたもので、抗菌・防腐剤代わりに江戸時代の頃から使われてきているもの。昔の人は実験や科学の解明などをせず、知らぬ間に柿渋のタンニンの効果を分かっていたのが凄いなと。

 

個人的には果物の中で一番苦手な柿。小さな頃に渋柿を食べさせられて苦手になった。渋柿を作っている過程でハエがたかっていたのがトラウマで苦手になりました・・。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク