柿渋がインフルエンザに効果あり

柿渋がインフルエンザに効果あり

朝日新聞を見ていると、広島大のチームが柿渋がインフルエンザやノロ、ポリオなどに効果があることが分かったというニュースが出ていた。

 

柿渋に、インフルエンザやノロなどの12種類のウイルスの培養液を混ぜてみると、いずれも感染力がなくなっていたという結果だそう。

 

その柿渋のニュースがテレビでも放送されていて、ウイルス1に対して柿渋を9の割合で混ぜたところ、数秒から数十秒という単位で効果があったとのこと(広島大学大学院 坂口剛正教授・ウイルス学専門)。

 

柿渋のタンニンがインフルエンザに効果あり

 

柿渋がインフルエンザやノロなどのウイルスを無効化していたのはタンニンが影響しているようです。タンニンと言えば、緑茶カテキンなども有名ですが、緑茶のタンニンよりも柿渋のタンニンのほうが、ウイルスの無効化に効果があったようです。

 

家庭での消毒に使われるアルコールはインフルエンザには効果がありますが、ノロウイルスは完全に死滅できないと言われていますが、柿渋は食品が原料なので安全性が高いので、使いやすい。

 

そもそも柿渋とは、青い熟す前の柿を潰して発酵させて作る液体。柿渋には抗菌・防腐作用の効果が高いとして、日本では古くから文化財の壁などにも柿渋が塗られたりと活用されている。柿の葉寿司も柿の抗菌・防腐効果を利用したものです。

 

柿渋のタンニンの効果のメカニズムが解明されていけば、インフルエンザやノロウイルスに撃退に効果的なグッズが商品化されそうで楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク