ふくらはぎ血管マッサージ方法や効果

ふくらはぎ血管マッサージ

第2の心臓とも言われている ふくらはぎ。第2の心臓と言われるのは、血流の循環を助けるポンプ機能が”ふくらはぎ”にあるため。

 

運動不足だったり、立ったまま、座ったままで姿勢を変えない場合、貧血・低血圧・ブラックアウトするようなことがあります。これは、ふくらはぎのポンプ機能が十分に働いていないことで起きてしまう。

 

ふくらはぎの血管を柔らかくして鍛えるのには、ふくらはぎ血管マッサージが簡単なのでオススメです。ふくらはぎ血管マッサージは色んな方法がありますが、私がやっているのは本当に簡単な方法。

 

ふくらはぎ血管マッサージ方法は?

 

ふくらはぎ血管マッサージはアンチエイジングや健康維持にもってこいの簡単で手軽な方法です。特に難しいこともなく簡単で、時間もお金もかからないですし、1日3分×2~3セットで十分かと。

 

ふくらはぎ血管マッサージ、私の場合は、手のひら全部をふくらはぎの下から上(膝に向けて)へと揉む感じでマッサージしていきます。下半身から全身へと血流を促す感じ。それだけです。

 

足の指先の末端に冷えを感じる場合は、足の裏の色んな場所をツボを押すかたちでマッサージします。しばらく続けていると、血流が良くなるために体が温かくなってきます。それでもダメなら、お腹に貼るカイロ(ヒートテックなどの薄い服の上から)を付けます。

 

私は一時期、貧血や起立性低血圧に悩んで亜鉛を摂取したり、病院での検査を受けたりしましたが、医師が言うには ふくらはぎを鍛えることが良いと言われました。食事量が少なかったのも問題でした。

 

ふくらはぎ血管マッサージの効果

 

・血圧を下げる

・リウマチ

・糖尿病の予防や改善

・むくみ解消

・自律神経を整える効果

・血管を強くして老化を防ぐ

・若さを保ってアンチエイジング効果

・コリや疲労回復の効果など

 

普段から規則正しい生活や食事、運動を心がけることで ふくらはぎの血管を強くすることもできますし、ふくらはぎ血管マッサージをすることでも、血管年齢を若返らせられることができます。スクワットや入浴で血管を鍛える方法もありますが、ふくらはぎ血管マッサージが一番手っ取り早くて簡単なのでオススメです。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク