gleeシーズン4 2回目の感想

gleeシーズン4 2回目の感想

スカパーで、gleeシーズン4の第2回目の放送を見た。評判が悪い回だけあって、個人的にもあまり楽しめなかった。ブリトニーが大激怒する理由も分かった。ちょっとやり過ぎだし、シーズン4の第1回目の放送が良すぎたせいで、余計に落差があった気がした。

 

グリー部に新しく入ったマリーや、パックの異母兄弟のジェイクの打ち解け感が早いなという感想。gleeはもっと馴染めない人の集まりだったのに、問題児のジェイクがあっさりとグリー部に入ったのが違和感だった。

 

それにしてもジェイク、イケメンですね。画像だけを見ていたら坊ちゃん系に見えたので、ブロディ役のディーンゲイヤーに期待してたのですが、ブロディが思ったよりイケなくて、むしろジェイクが楽しみで仕方がない状況。

 

グリー部の新星マリーとジェイクが恋に発展していきそうな展開が良い。マリーは可愛い上に性格もよく、歌もうまい。逆に言うと何の癖もない珍しい配役の女の子ですね。

 

グリーのことだから今後のシーズン4でも、マリーにまた色々とトラブルも出てくるんだろうけど、クインのように落ちて行かないで欲しいなと。クイン大好きなのですが、トラブル大すぎで可哀想な位置になっちゃったしねぇ。

 

ゲイというのもあって、ブリトニーの曲はどうしても耳にする機会が多いので、全体的には楽しめたgleeシーズン4の第2回目のブリトニー特集。坊主にするシーンは大丈夫でしたが、最後のヤル気のないダンスが本物のブリトニーが可哀想だったなと。

 

キレキレのブリトニーのダンスを見たかったな。1回目のブリトニー特集では、キレキレのダンスで一躍人気に火がついたブリトニー(グリー部のほうの)。せっかくのダンスの回だったのに残念だった。

 

レイチェルとケイト・ハドソンの関係も急に接近した。何かとトントン拍子に進んでいる感想の第2回目でしたが、次回のサラ・ジェシカ・パーカー出演が楽しみです♪

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク