新ホスト依存症

新ホスト依存症

20代の女性がハマるのが新ホスト依存症だそうです。少し前まではホストクラブ業界も値段が高くて大人の女性の社交場という感じでしたが、低価格のホストクラブが乱立して、学生やフリーターなどの女性が気軽に通えるようになってきているようです。

 

ホス友といって、女性同士でホストクラブに通う友達なんかもあるようです。最近の若い文化にはついていけない年頃になりました。

 

最近の若い女性は6ポケットなどで経済的に安定しているので、バイトなどで稼いだお金のほとんどをホストクラブという娯楽にお金を落としても、大して問題がないと考える人が多いようです。それが、新ホスト依存症の問題のようです。

 

娯楽というものを能動的に作り出せず、楽しめないという状況。常に受動的な精神状態でいることに慣れてしまうのが新ホスト依存症の怖い部分のようです。楽しいことは人が持ってきてくれるという感じですかね?

 

ただ、新ホスト依存症という言葉にすると大袈裟な気もしますが・・。一時期、若いうちだけちょっとイケメンの男性に楽しませてもらうためにお金で時間を買っているという感覚な気もします。

 

社会に出て仕事を始めて、彼氏や子供ができて家庭を持ち始めると、女は現実的になると思うのですが、今の若い子は違うんでしょうかね?やはりホストにハマってしまうと、彼氏が作りづらくなるんでしょうか?受身的な癖が付いていると恋愛は難しいですしねぇ。

 

新ホスト依存症がテレビで紹介されていましたが、あまり何でもに”依存症”や”中毒”という言葉を付けるのはどうなんだろう?という気もしました。

 

まぁ、見ていたテレビが新型依存症SPというタイトルの内容だったので仕方がないかもですけど。私からみたら、男性にお金をかけてもらえるのが喜びだったりしたので(貢いでもらうのではなく、食事を出してもらう程度です)、新ホスト依存症の女性の貢ぐ側の気持ちが分からない。

 

新ホスト依存症としてテレビに出ていたホス友の女性2人組は、本当に普通の女の子。素直だったし、”依存症”には感じられなかったので大丈夫な気がしました。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク