エノキタケリノール酸でダイエット

エノキタケリノール酸でダイエット

昨年からエノキ氷が人気になっていますが、今朝のはなまるマーケットを見ていると、えのき茶がオススメされていました。えのき茶は、飲むだけで内臓脂肪を減らしてくれるというダイエット効果のあるお茶のようです。エノキタケリノール酸に注目ですが、えのき茶はマズイらしい(笑)。

 

エノキタケリノール酸は内臓脂肪を減少させる

 

えのき茶には、エノキタケリノール酸という、キノコの中でもエノキ茸だけに含まれている成分を摂取しやすいというのが特徴のダイエット向きのお茶です。

 

なぜ えのき茶というお茶にするのか?という理由は、エノキタケリノール酸を効果的に摂取するには、エノキ茸を干して細かく切るということで取り出す必要があるから。

 

脂肪燃焼のダイエットに効果の高いエノキタケリノール酸は、頑丈な細胞壁に守られているため、エノキ茸を干して細かく刻み、固く守られている細胞壁を壊すためです。

 

ダイエットえのき茶の作り方レシピ

 

まずは干しえのきを作ります。えのきの根本を切り落とし、ザルなどバラバラにえのきを並べて、日の当たる場所に2~3日干す。えのきを干すと、白から黄金色に変色して小さくなります。重さは10分の1程度になる。

 

次に、乾燥したえのき茸を5mm程度に細かく切れば下処理は終了です。干したエノキタケを5gに対してお湯を500ccほど注ぎ入れることで、ダイエットえのき茶の簡単な作り方レシピが完成。

 

エノキタケリノール酸を効果的に摂取できて、体もポカポカになれるので、お湯出しのお茶のほうが良さそうですね。お湯を注いでから30分以上は置くことで、エノキタケリノール酸の成分がしっかり出てくるようです。

 

エノキタケリノール酸の効果が高いダイエットえのき茶を生活習慣として飲み続けるだけで、自然と脂肪燃焼効果があるというのが嬉しいですね。ポッコリお腹だけは気になるので、一度試してみたいなと。

 

でも、はなまるマーケットで薬丸さんやいとうあさこさんがえのき茶が美味しくないと言っていたので、何か美味しくする方法ってないかな?と作り方レシピを考え中ながら悶々しています。健康やダイエットに良くても、マズイと続かないからねぇ。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク