舌下免疫療法

舌下免疫療法

テレビを見ていると、舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)という花粉症治療の方法が紹介されていました。舌下免疫療法は、花粉症を根治する唯一の可能性があると言われている花粉症の最新治療。

 

舌下免疫療法の方法・効果

 

・舌(ベロ)の下に、液体(スギ花粉のエキス)を2回スプレーする

・そのまま2分間待つ(2分後は飲み込んで良い)

 

と、これだけと簡単な治療方法。スギ花粉から抽出したアレルゲンたっぷりのエキスを口の粘膜(舌の裏側)に垂らして、そこからスギ花粉のエキスの作用を導く治療法が舌下免疫療法だそうです。

 

スギ花粉のエキスを体の中に入れていくことで、体の中からアレルギー体質を改善していこうという方法で、花粉症を根本的に治せないかということを目指している治療方法。毒をもって毒を制す治療法。

 

マクロファージに大量の抗原をキャッチさせて慣れさせていくと、マクロファージはその情報をリンパ球に伝える。そうするとアレルギー反応を抑制する特殊なリンパ球が増え『IgE抗体』の産生を抑制するようになる。

 

舌下免疫療法で、口から投与する理由は、顎の下にあるリンパ節に花粉エキスが届きやすくなるという理由からのようです。顔に近い頸部リンパ節でリンパ球が作られて、眼や鼻にすばやく届くようになる。

 

ちなみに舌下免疫療法については、千葉大学病院が紹介されていましたが、舌下免疫療法はWHO(世界保健機関)が安全な療法だと勧めている治療方法だそうです。

 

舌下免疫療法の問題点は?

 

舌下免疫療法は多くの人に効果が長期間続くという特徴もありますが、問題点もある。治療の効果が全員にあるわけではないらしく、花粉症が治らない人もいること。また効果が出るまで2~3ヶ月かかる。

 

また、舌下免疫療法はスギ花粉エキスを1日1回8週間 舌下に入れる。そこから徐々に間隔をあけて2~3年続けるという方法なので、長期的な治療方法になる。

 

まだ保険治療の適用が認められていないため(早ければ2013年秋ごろに保険適用されるかもしれない)、費用が高額なので誰でもが受けられる治療ではないこと。

 

現在(2013年2月)は保険適用外なので月6万円程度と値段も高いです。保険適用される頃には、舌下免疫療法も もう少し安くなって、そこから保険適用の値段になるかもしれないので待ち遠しいです。

 

東京だけ?名古屋や大阪、京都は?

 

私の通いやすい病院と考えると、名古屋や大阪、京都あたりなのですが、名古屋・大阪・京都でググると、舌下減感作療法という名前の治療方法が出ている耳鼻科などが出てくる。

 

病院や耳鼻科の説明を読んでいると舌下免疫療法と舌下減感作療法も同じっぽいのですが、まだまだ新しい花粉症の療法なので、病院の口コミなどがないのが不安ですが・・。今年の秋頃には広がっているといいですね。手軽な花粉症の治療方法っぽいので、東京だけでなく全国でも行われそうですね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク