機能性胃腸症とプリンペラン

機能性胃腸症とプリンペラン

先日から腸の調子が悪かった。機能性胃腸症が回復してきていると思えば、今度は腸が悪くなる。便秘気味だし、お腹にガスが貯まっているな~という症状を自覚できる気持ち悪さが1ヶ月ほど続いていた。

 

ストレッチやマッサージ、体操をしても お腹のガスが全然オナラとして出ない。いきんでも出ない。ガスがオナラとして出るか、ゲップとして出ると少し楽になる。その間、ずっと腸がダラダラと気持ち悪い。

 

腸が痛いわけでもなく、気持ちが悪いというだけの症状。あまりに長い時間 腸が気持ち悪いので病院に行ってきて状況を説明すると、ガスター20を切られて、プリンペランの処方に変更された。

プリンペラン

機能性胃腸症や胃潰瘍の予防のためにガスター20を飲んでいたのですが、ガスター20は胃を保護する代わりに、腸の蠕動運動を弱めてしまう作用?副作用??があるようです。

 

腸の働きが落ちているため、便秘やガス、オナラが出ない、下腹部が重いという症状になっているようで、機能性胃腸症が問題ではなく、機能性胃腸症の薬の影響で症状が出てきているという感じ。

 

胃腸の具合いが悪いと全部を機能性胃腸症の症状と思い込んでしまいがちですが、胃と腸は分けて考えないとダメなんだなと痛感。必死になってガスター20を飲んでいた・・。

 

病院の医師からは、ニンニクなどを摂取すると腸が動くのでいいですよと薦められた。ニンニクは機能性胃腸症にはキツイのでは?と聞くと、蠕動運動が出来ていない今の弱っている腸には少しくらい食べるのも良いとのこと。

 

機能性胃腸症も改善気味なので、病院の先生を信じて少しだけニンニクを食べてみようかと。ちなみに、ガスター20からプリンペランに処方薬が変わったのは、ちょっと嬉しい。

 

機能性胃腸症の全盛期の食欲が無かった頃(1日で 合計おにぎり2個 or ヴァームのような流動食しか食べられなかった時期)、プリンペランの点滴をしてもらって食欲が出て、1年ぶりくらいにファストフードを食べれた良い思い出がある。

 

プリンペランの点滴をした直後からお腹が空くという懐かしい経験をしたので、2週間ほど毎日プリンペランの点滴を受けに行った。メンタル面も弱っている時期だったので、仕事も何もかもナシにして病院通いをしていた。

 

ドグマチール(自分には合わないようで、アカシジアで死にかけましたが)やナウゼリンは飲んでいたのですが、プリンペランの飲み薬は始めて。腸の調子はもちろんですが、プリンペランが私の機能性胃腸症の症状にも効果があればいいですが・・。

 

機能性胃腸症って、この薬が効くというのがない。人によってどの薬が合うのかが難しい。そもそも、胃に特に原因が無いのに不調だねぇ~、何が原因なんだろねぇ?というものをまとめたのが機能性胃腸症みたいな感じだから・・。

 

しばらくプリンペランで頑張ってみよう。プリンペランは朝夕の食前に1錠ずつ。一般名はメトクロプラミド錠。ジェネリックでテルペランというのがある。消化管の運動調節・吐き気を抑える効果がある。胃の運動を亢進したり、消化管の運動以上を調節して、吐き気や嘔吐、食欲不振、お腹が張るなどの症状を改善する。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク