キャンディス・グラバー

キャンディス・グラバー(アメリカンアイドル12)

アメリカン・アイドル12の第3回目を見ていて、一番気に入ったのはキャンディス・グラバー(candice glover)という黒人女性。年齢は22歳で一般事務員という仕事をしている女性。

 

キャンディス・グラバーは、アメリカン・アイドルのシーズン11にも出場していたらしい。私は 昨年は体調を崩してアメリカン・アイドルを見れなかったので、キャンディス・グラバーは今回のシーズン12で初めて見たのですが、歌の上手さに圧倒されました。

 

アメアイ11でラスベガスに一度行っていることもあって、キャンディス・グラバーは断トツで上手。歌が上手というのもありますが、自分の歌手としての方向性を伝えるというのが抜きん出ている感じでした。やはり場馴れしているというのが良いんでしょうね。

 

今までの出演者がオーディションという感じでしたが、キャンディス・グラバーは歌を披露しているという感じに見えます。キャンディスグラバーが歌い終わった後、マライヤとランディがスタンディングオベーションをするというレベルの高さ。

 

キャンディスグラバーのyoutube動画

http://www.youtube.com/watch?v=Jsg_5zSyRbU

ランディはスタンディングオベーションしつつ、キャンディスグラバーを今シーズン始まって以来の逸材だと評価した。ニッキーがキャンディスグラバーに、『あなたに夢中。あなたの皮を剥いでかぶりたい』というコメント。ニッキー面白すぎです。

 

マライア・キャリーも、キャンディスグラバーを これまでの参加者の中で最高の出来だったとベタ褒め。決勝にも残れそうな逸材だと審査員は大絶賛。難なく地方予選を通過という感じです。

 

アメリカンアイドルシーズン12の第3回目は、土地柄的にカントリーを歌う人が多かったのですが、なかなか面白かった。カントリーを歌う人が多いせいか、ランディやマライアがカントリーをソウルフルに歌うのが好きだと言った女性に対して、君はカントリー向き・カントリーが合っているなど猛プッシュした。

 

それおを不服に思い、『彼女の才能の方向性を勝手に決めないで!』とニッキーがブチ切れして途中退席するシーンもあり、相変わらずハラハラのアメアイ。翌日の審査にはちゃんとニッキーも登場していたので安心。最近はニッキーにハマっているので、ぜひ最後まで続けてほしいし、シーズン13も継続してほしいなと。

 

アシュリースミスというお喋りが大好きなポッチャリ女性も楽しかった。第4回目が楽しみです~♪

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク