アミティーザ便秘薬

アミティーザ便秘薬

便秘の人にとって新しい味方 アミティーザ。アミティーザは30年以上ぶりの便秘症のお薬です。まだまだ新薬だから14日分しか処方されないので、しばらく病院に足を運ばないといけないことになるのが面倒ですが、アミティーザは30年以上ぶりの便秘症の新薬というのに効果が期待できそう。

 

本屋で雑誌を読んでいると、まだまだアミティーザを一般的に使うのではなく、今までの便秘薬で便秘が解消しない重度の人に使っていくみたいなことが書いてあった。

 

便秘解消には、まず生活リズムを整えて、運動や食事に気を配る。それでもダメならマグネシウム系の便秘薬を使ってみる。腸を刺激することでも便秘が解消しない人にアミティーザを使ってみるという順番が書いていた。

 

ダイエットで痩せるために便秘薬を飲むという女性が多いので、そういう人に対しても慎重な薬の処方のほうが健康のために良いような気もしますね。そもそも、ダイエットして食事の量を控えてるから便が出ないという当たり前と言えば当たり前の便秘パターンなので、本気で腸が弱って便秘になっている人とはケースが違いますからねぇ。

 

ちなみにアミティーザは、妊婦や妊娠している可能性のある女性には使用禁止です。男性よりも女性のほうが体の作りから便秘をしやすいですが、気持ちは女性でも体は男。私は本当は便秘になりにくいはずなのですが、食生活や行動が女性寄りだと体質も似るのでしょうかね??
⇒癒されるモノのまとめ記事を作ってみました。
アミティーザの効果や飲み方

 

アミティーザは小腸で便の水分量を増やしてくれて、便を柔らかくしてくれる効果があります。便通が良くなるために、慢性便秘症の治療に効果があるとされる。

 

アミティーザの飲み方は、朝と夜ゴハンの後に1回1錠飲む。1日2錠ずつですね。アミティーザは、比較的安全に飲むことができる薬なので、長期に服用することも可能。当分の間は2週間分の処方になるみたいですが、来年頃にはもう少し多めに貰えるので、病院に通わなくて済むようです。便秘の新薬、楽しみ(?)です。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク