婚活カップルの離婚率

婚活カップルの離婚率

ほんまでっかTVを見ていると、婚活カップルの離婚率が高いという情報があった。婚活して結婚したカップルの離婚率は57%とのこと。結婚を目的としすぎて、中身がスカスカになってしまうから破綻するのかな?と思いつつ、テレンス・リーさんの話を聞く。

 

テレンス・リーさんが言うには、お見合いで結婚した夫婦の離婚率は低い。お見合い結婚での離婚率は低いのに、なぜ婚活での結婚では離婚率が高いのかというと、お見合いは、お見合いする相手の家柄や人柄などのバックグラウンドを分かったうえで会っているという状況。

 

一方、婚活パーティーでは、自分を売らないといけないために見えを張ったりしたまま付き合ってそのまま結婚する。結婚後に話が違うと露見して破綻するというケースがお見合いよりもはるかに多いようですね。結婚して一緒に住むと、男性側も女性側もお互いの嘘がすぐにバレてしまうため、離婚に至ってしまう。

 

ゲイの身分からしたら、結婚も離婚も自由でいいなぁ~という気分になりますが・・。ゲイの出会いも飲み屋やクラブ以外ならほとんどがネットの掲示板やアプリからメールで知り合って仲良くなっていくという形です。

 

飲み屋やクラブで出会えるのは、お互いが一目惚れ出来るレベルじゃないとなかなかカップル成立には至らないので結構難しい。イケメンがいっぱいいるのに、その中で良いと思った人から自分も良いと思われるなんて難しいですしね。だから基本はメールだと思う。

 

ゲイの世界は、男同士だから性欲が強いために次々と別れていくと言われていますが(そう教わって生きてきた)、意外とテレンス・リーさんが言っていた、婚活っぽい出会いが多いからなのかな?とも思った。

 

お互いの家柄や人柄、バックグラウンドを知る前に付き合う(信頼してから身内の話や仕事の話をするので)ため、見た目がタイプというだけで付き合うケースが本当に多い世界ですし。

 

ゲイサークルなどに入れば別ですが、ゲイの出会いでは『最初は全然気にならなかったけど、気がついたら好き・・』みたいな出会いはあり得ないですし。最初にピンと来なければ、次に会うという学校や職場のような約束の場所がない。

 

話は婚活カップルの離婚率に戻りますが、最近の結婚相談所には、母親を連れてくる女性が急増しているようです。昔は男性が母親を連れてくるというケースが多かったようですが、今では女性の方が多くなっている。

 

マザコン女性というのが増えてきて、自分で色々と決められない女性というのも増えているのが離婚率が高い原因のようです。親が娘の体裁を気にして、結婚を強要するというケースもあるようです。一度、とりあえず結婚させて別れたら実家で預かるという親。離婚歴があればいいという考え方。ちょっと唖然とします。

 

芸能人でも、結婚してすぐ別れている。そういうのを毎日当たり前のように見ていると、離婚の敷居が低くなるんでしょうね。離婚を経験している家族の子供は離婚しやすいと言いますしねぇ。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク