皮膚粗しょう症の予防と対策

皮膚粗しょう症の予防と対策

美容業界で注目されている皮膚粗しょう症。骨がスカスカのことを骨粗しょう症と呼んでいますが、皮膚も栄養素が足りないとスカスカな状態が出来てしまう。それが皮膚粗しょう症の状態ということのようです。

皮膚粗しょう症・・、さすがに骨粗しょう症と並べるような大きな病気みたいな言葉(造語)にするのはどうかな??と思ったり・・。普通に乾燥肌気味という程度ではダメなんでしょうかねぇ。

皮膚粗しょう症という言葉で、男である自分ですらもドキッとしてしまった言葉なので、肌が命の女性にとっては美容業界って凄いなと思いつつ。美容業界に騙されるとまでは行かなくても、あまり神経質にならないことも肌には大事ですね。

日光に当たることで紫外線で肌が傷つけられて皮膚粗しょう症になると言われても、骨粗しょう症を防ぐには逆に日光に浴びることだったりしますし、名前が似ているだけに対処方法も混乱します。適度な生活を送るのが一番良いのでしょうが。

肌はコラーゲンやヒアルロン酸でハリや潤いを維持している。コラーゲンやヒアルロン酸の成分が紫外線で破壊されたり、コラーゲンを作る成分が足りない状況を皮膚粗しょう症と呼ぶようになってきているようですね。

皮膚粗しょう症の改善方法

皮膚粗しょう症の原因は、肌の中に含まれるコラーゲンの量が減っているという状況。そのため、外からの保湿だけでなく、内側から細胞を作る栄養素を与えるということが皮膚粗しょう症を改善するのに良いようです。

皮膚粗しょう症の改善に必要なコラーゲンを作るには、ビタミンC、タンパク質、鉄が必要。男性なら大丈夫ですが、女性はダイエットのためにタンパク質、生理のために鉄分などが不足しやすいので注意が必要のようです。

そして、皮膚粗しょう症のケアのために大事なのがビタミンA。ビタミンAは皮膚の代謝を整えてくれる重要な成分。皮膚の代謝を正常にしてくれるビタミンAも積極的に摂取するのが良いとのこと。

ビタミンAは、卵やうなぎ、レバーや乳製品に多く含まれています。動物性の食品を積極的に摂取すると、自然と皮膚粗しょう症をケアできる。内側から予防するというのは納得です。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク