大阪ゲイの一人暮らし

大阪ゲイの一人暮らし

過去に大阪に住んでいたゲイですが、ゲイの住みやすい・ゲイが多い地域は個人的に天六や福島、西中島南方、都島付近という気がする。まぁ、基本的に大阪はゲイにとって住みやすい都道府県の1つだと思っています。

 

やっぱり大阪や東京、名古屋や福岡などの都会はゲイにとって居心地が良い。精神的に強い人は大阪の天王寺や阿倍野とか南で一人暮らしするのもありだろうけど、個人的には北が好き。

 

大阪のゲイ・タウンといえば堂山。堂山に近いほうが(私は堂山にはほとんど行かないゲイでしたが)、ゲイ仲間も近くに見つけやすいですし、サークル活動なんかも意外と市内で行われるので、交通の便も良いですし、惣菜屋なども多いので食事の管理もしやすいので一人暮らしに向いている地域でもあるかなと。

 

大阪で一人暮らしをしているゲイ友達やゲイカップルも天六か福島、西中島あたりでマンションを購入し始めている。個人的には賃貸派なのでマンション購入はまだ迷っている段階です。現在は同棲しているので、転勤などのリスクや彼氏との別れやローン問題、将来の親の介護などを考えるとなかなかマンション購入は難しい。

 

同年代でも(アラサー・アラフォー)、一人暮らしのゲイ友達に限ってマンションを購入している人が多い。稼ぎが多いけど、お金の使い道が他にもなく、彼氏と金銭的な問題もないので思い切ることが出来るんだろうなと感じる。

 

大阪の天満で一人暮らししていてマンションを購入した友達がいるのですが、マンション購入をした翌月に彼氏ができた。その彼氏も大阪の福島にマンションを購入して一人暮らしをしている人だった。付き合いが長くなってきたので同棲が始まったのですが、完全に1つのマンションが無駄になっている状態。

 

30代に入ると、このまま一人暮らしなんだろうなとゲイ問わずみんなが一度は思い始めるみたいで、ついついマンションを購入して生活を落ち着かせはじめる。ローンを組むにしても30代中頃までがいいですしね。でも、これからどんどん大阪とかの大都市では家が余っていくという状態になるだろうから、のんびり賃貸で一人暮らし・同棲もありかな?と思います。高級賃貸も増えています。

 

ゲイに生まれたので子供がどうしても作れない。普通の男女の夫婦みたいに地域に根ざす必要もないですし、逆に地域の人と触れ合わないといけない状況のほうが困ることも多い。コミュニティーに属したほうが楽に生きられることも理解してきた30代ですが、身軽でいるほうがゲイには良い部分もあるので賃貸にしています。

 

大阪で一人暮らしを始めてみようと思っている10代の学生や20代のサラリーマンゲイの人には、天六や福島、西中島付近がオススメ。男一人なので十三近辺も意外と安くてオススメかも。治安が悪いって意味で値段が安いけど、男の一人暮らしだと大して問題もないだろうし。危ないとされている地域を勧めるのも変ですが、交通も便利だし、十三の商店街は値段もすごく安いしオススメ。あと、ファミリーマンションじゃないほうが生活しやすい面もありますしね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク