最高の離婚 感想

最高の離婚 感想

最高の離婚の第一話を見終わった。予告の評判が凄くよく、コメディっぽいのが面白そうだった。第一話を見始めてみると、正直、最初の5分ぐらいで脱落しようかと考えてた。

 

瑛太の一人語り(たけのこの里ときのこの山の話とか)や神経質な面が全然ありえないダメ男だなぁ~と思って興冷めしていた。瑛太が常に敬語っぽく喋るのも違和感ですし(だけど歯医者での一人語りは偉そう)、慣れが必要でした。

 

あと少しだけ我慢しようと瑛太と尾野真千子の夫婦喧嘩をダラダラ見続けて、途中で瑛太のおしり付近が見えるシーンでもう少し見ようという気持ちになり、地震のシーンで完全に引きこまれた。地震はちょっと反則な気もしたけど。

 

尾野真千子も最初らへんは三行半という言葉も知らない、だらしないアホな女っぷりで、最高の離婚の視聴率はどうなるんだろう??という感じだったけど、旦那のために化粧をしてみたり料理を練習しているシーンもあったりして、何よりも素直で可愛い嫁だった。尾野真千子の続きを見たいという気持ちになった。

 

東日本大震災の3.11がキッカケで特に愛情を感じない尾野真千子と結婚したというのが被災していない身としてはあまりピンと来なかった。震災をキッカケに結婚したカップリや離婚したカップルがたくさんいたというニュースはやってはいまいしたが・・。

 

被災者や関東で地震を体感した人と、関西や九州地方の全然揺れもしなかった地域では温度差を感じるドラマかな?

 

最初はダメな瑛太とダメ女の尾野真千子が何で結婚したんだろ?こんな合わない二人がどういう理由で結婚したんだろう??というのがドラマを見続けるためのモチベーションでもあったので、地震がキッカケなら被災をしていないので理由が分からなくて仕方がないというか・・。性格的に合ってない二人が籍を入れているのにもちょっとだけ納得。

 

そんなことを考えているうちに、尾野真千子と八千草薫に癒されて、結局エンディングのダンスまで見た。エンディングダンスは毎回違う形になって意味があるそうですが、どうなるんでしょうか?また来週も見てみようという気にはなっている。最後にスッキリと離婚届けを出していたという展開が楽しかった。

 

瑛太は雰囲気イケメンと言われているけど、確かに冴えない雰囲気にさせたら本当に普通っぽくダサい男になっていた。でもメガネを外したりすると、やっぱりイケメン。顔も小さいしスタイルも良いし、やっぱり普通にはいないレベルですね。敬語のセリフも慣れてくると声の聞き心地も良くて、演技も上手だなと思う。

 

マッサージシーンではちょっと瑛太のお尻の上にほうが見えていた。韓流ドラマだと男性が結構脱いでいるので慣れっこでしたが、日本のドラマはなかなかサービスショット(?)は少ないのでドキドキした。女性の友達に聞いても、男性の裸も意外と需要があるんだなって思うので増やして欲しい(笑)。

 

瑛太よりもさらに雰囲気イケメンと言われている綾野剛って俳優さんは、本当にどうなんだろ?雰囲気すらもイケメンに見えなくて、女扱いが上手な二枚目役をしているのが全く意味が分からなかった。

 

綾野剛さん、独特な雰囲気はあるのですがねぇ。ゲイの役とかが多いみたいですが、あまりゲイにもいないタイプ。まぁ、最高の離婚の第一話だけで判断するのもダメでしょうが・・。

 

女性陣は美人揃いで、尾野真千子と真木よう子。真木よう子さんの役柄がイマイチ掴めない第一話でしたが、尾野真千子さんは完璧に惹きつけられた。

 

最高の離婚の第二話からは尾野真千子推しで見てみようという感じです。でもまだ誰にも感情移入が出来ておらず、しばらくは猫を見続けようかと。食卓から降ろされつつ、何度もご飯にありつこうとテーブルに上がる猫が可愛かった。

 

地震が起こった時に、瑛太みたいな無神経でどうしょうもないメールを送ったら、まぁ離婚しようかという気にはなる。盆栽を気にするとか、もう愛情が感じられないレベル。東京の人は地震に慣れっこなんでしょうかねぇ??そのあたりが、地震や余震をほぼ体験していないから分かりづらいかなぁ。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク