ノロノイローゼ

ノロ ノイローゼ

昨年から今年にかけてノロウィルスは例年よりも猛威を奮っているというニュースが流れている。ニュースでの注意勧告が酷いので、ノロウィルスになるのではないか?という心気症(自分が大きな病気ではないか?という不安や悩みから精神的にヤラれたり日常生活に支障が出る)っぽくなっている。

 

インフルエンザが大流行すればインフルエンザノイローゼになり、友人が性病になれば、全く見に覚えがない生活をしているのに性病ノイローゼになり、ノロウィルスが大流行すればノロノイローゼになってしまう。

 

ふとインターネットを立ち上げると、芸能人がノロウィルスやインフルエンザでダウンというニュースや、どこかの施設でノロウィルスの集団感染という文字が急に目に飛び込んでくるので、胸がドキッとしてしまう。

 

ノロウィルスは、最悪は死んでしまうことがあるという情報が自分を苦しめて、外出するのを止めておこうという気持ちにさせられる。アルコールでの除菌効果がないということも不安の1つ。

 

正しい情報を知ることでノロウィルスへのノイローゼの状態を抜けだそうと思って、ネットでノロウィルスについての対策や予防方法を詳しく見ている。そんな中で、

 

・体が弱っている人がノロで重症化しやすい

・幼児や子供、高齢者などは注意が必要

・下痢や吐くことはツライが、30代の年齢では死ぬこと少ない

 

という自分にとって安心の情報は頭に残らないのがノイローゼに陥るときによくある。不都合な情報ばかりが気にかかる。だから、『自分は大丈夫なのだ』ということを紙に書いて壁に貼り付けておく。それでノイローゼの症状が少しだけ緩和される。

 

自分がノロウィルスに感染しないだろう・感染しても大丈夫だという安心が来ると、今度は高齢の両親のことが心配になってくる。想像での不安だと分かっているし、ノロウィルスになってしまったらその時に対処すればいいだけの話だけど、予期不安というか妄想だけでヘトヘトに疲れてしまうときがある。

 

・自分や親が住んでいる地域にもノロが流行しないか不安

・ある施設でノロが発生⇒近くの病院やジムに通うのを避ける

・必要以上に手洗いをしてしまう(手を洗える場所ばかり探してしまう)

・生のモノや大好きだった貝類を食べなくなる

・他人との接触を煩わしく感じ、避け始める

・安心な情報をネットで探し続けて、気がついたら1日が終わる

・物事を客観的に楽しめなくなり、感覚が鈍る

 

など、ノロウィルスのノイローゼ状態が続いてしまう日がある。家にメンタルクリニックや内科でもらったデパス(精神安定剤・抗不安薬)が残っているので、精神的にツライ日にはノイローゼ気味の時にはなるべく飲んで心を落ち着かせることにしています。

 

育児ノイローゼの方や子供を育てている人だと、自分よりもさらにノイローゼの状態が酷くなるのだろうなと思う。つくづく自分は精神的に弱いなと感じる。心気症を患い始めたのは1年ほど前から。それまでは、例え身近で人が病気になっても、自分だけは大丈夫だと思っていたのに不思議です。

 

この1年は色々なことが起きすぎて うつ状態にもなりましたし、不安を感じやすいという体(精神面・肉体面)になっている気がする。まずは基礎的な体力回復から始めないといけないなと思う。健康な体になっていれば、意外と精神的にヤラれることは少ないのを実感しているので。寝不足の日なんかは、特にノロノイローゼが酷いですし。

 

ノロウィルスは手洗いをしっかりするというだけで、必要以上に心配しなくて良い(それ以外の方法が特に無いので)と頭では分かっているのですが、なかなかノイローゼ状態のときは冷静さを保てない。

 

今回のノロウィルスを心配するあまり、森田療法や神経症の本をいくつか読んでみたものの、そこまでは酷くないという気持ちもあり(森田療法を行うのも難しい)、世間でノロウィルスのニュースが減っていくまで我慢だなと考えています。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク