過覚醒の症状が改善していたが・・

過覚醒の症状が改善していたが・・

半年ほど前から過覚醒の状態が続いていましたが、ここ1ヶ月ほど前から過覚醒症状が少し治まっていた。睡眠障害になっていたのでマイスリーとロヒプノールを病院で処方されていて、その薬の効果がようやく効いてきて睡眠障害が治ってきた(薬は飲み続けているので完治とまでは言えず)。

 

その睡眠障害が治まったお陰で、昼や夕方の過覚醒の状態が改善してきていた。睡眠をしっかり取ること以外は特別な治療をしていた訳でもなく、このまま右肩上がりに体調の不安定も治っていくのかな?と油断していたところ、今日は過覚醒症状が1日続いた。

 

自分なりに過覚醒の状態が続いた原因を考えると、

 

・今日は睡眠時間が少なかった

・二日前に腹痛があり、それほど体調が万全ではない

・朝起きてすぐからパソコンをしていて脳が疲れた(交感神経が優位過ぎた)

・昨日まで実家に帰っていたので、挨拶や移動などに神経を使った

 

などが考えられる。普段の慣れた規則正しい生活を少し離れると、まだまだ自分の中の警戒信号が早めに鳴ってしまい、一度不安のブザーが鳴ってしまうとその不安感を客観視できなくなり、部屋の中で得体のしれない予期不安が通り過ぎるのを待つという状態になる。

 

過覚醒の症状になってしまうと、特に音に過敏になる。普段は全く気にならない隣の赤ちゃんの声まで聞こえてくる(過覚醒状態になるまでの2年間、隣りに子供が住んでること自体知らなかった・・)。ちょっとした物音が怖く感じられるので、体が固まるせいか、神経が過敏になって胸が痛くなる。

 

実家にいた昨日は睡眠時間も少なかったのに、過覚醒の症状は大丈夫だった。親子関係は良好なので、些細な会話がストレス発散になっていたのかな?と思う。一人でいる時のほうが過覚醒の症状になっている気がするので、なるべく人との交流をしないといけないなと思う。

 

次の病院の診察のときに、過覚醒症状についてまた聞いてみよう。一度カウンセリングを受けてみたほうがいいのか悩むところです。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク