リア京のお土産

リア京のお土産

久々に実家の京都に帰ってきて、リア京(リアル京都人)を体験中。やっぱり関西弁は良いですねぇ。実家では当たり前のように漬物が豊富で、街中の人も薄い顔立ちで、雰囲気も粋な感じ。テレビで関西弁が流れまくってるのが新鮮です。

 

最近はフェイスブックがあるため、正月は軽い同窓会状態になり、誘われたりして大変。これまたリア充(リアルに充足)ではないマイノリティで微妙な年齢の私には苦しい季節です。周囲は結婚が当たり前ですし、会話に困ります・・。

 

京都の土産を買って行こうと思うのですが、ド定番は八つ橋やおたべではリア京らしくない。八つ橋やおたべは、リア京としてもあまり味的に美味しいと思わないお土産なので、阿闍梨餅とマールブランシュの茶の菓というラングドシャ(白い恋人の抹茶+ホワイトチョコバージョン)にして、リア京らしさをアピールしようと買ってきた。

 

リア京のお土産

 

・阿闍梨餅

阿闍梨餅

 

・マールブランシュのラングドシャ

マールブランシュ

 

開けてしまった。あぅぅ・・( ´Д`)ノ。また三が日が終わった帰り道に同じ土産を買おうと思う。京都への帰省中に帰りが混むのが嫌で先に買っておいたのですが、それが結局自分の実家への京都土産になってしまった。

 

遠足のお菓子でも、毎回前日の夜についつい食べてしまい、当日朝に泣きながら親にお金を貰ってもう一度お菓子を買ったという子供でしたが、似たようなことを大人になってもしてしまいます。

 

まぁ、100%リア京の両親も久しぶりに阿闍梨餅を食べたと言って喜んでいましたし、これはこれでいいかなぁ~と。京都に住んでるリア京人だと、むしろ阿闍梨餅を食べる機会も少ないですし。阿闍梨餅は、おまんじゅうだけどモチモチしてるって感じで、他県の人には新鮮かも。

 

ちなみに両親は、マールブランシュは知らなかった。マールブランシェじゃなくて、マールブランシュ。甘いものが苦手な人でもラングドシャは抹茶+ホワイトチョコなので意外と美味しく食べれると思います。

 

阿闍梨餅もマールブランシュのラングドシャも、お土産ランキングなどでは常に上位ですが、八つ橋とおたべの2トップが京都にはあるから、なかなか認知度も少ないかもですね。リア京らしくもあり、簡単に買える便利なお土産です。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク