YouTubeが有料で広告なしの疑問

YouTubeが有料で広告なしの疑問

アメリカでは昨年(2014年11月頃のニュース)、「YouTube Music Key beta」がスタート。YouTubeを有料化して「広告なし・広告非表示」で視聴できるもの(招待制で日本ではまだ未定)。2015年2月にも追加記事が出たり。

 

ニコニコ動画の有料会員は成功していますし、YouTubeも少しお金を出せば、必要以上の広告を見なくて済むようになるかもしれません。視聴側には嬉しい話。参考として、ニコニコ動画のプレミアム会員の値段は約500円。

 

有料でYouTubeの広告を消すことができるって

 

「好きなことで、生きていく」って、「Youtuber(ユーチューバー)」が注目されたのは、2014年10〜11月頃。テレビCMがインパクト大で、動画撮影者も、アップロードされるYoutube動画も増加。広告の多い動画も激増。

 

アフィリエイターや時間のある学生がお小遣い目当てで参入した模様。著作権や肖像権侵害の動画も。ここ数日前からは、テレビ番組中に「動画のアップロードは違法」みたいなテロップが出はじめている(どうすれば合法になるんだ?)。

 

有名なYoutuberのHIKAKIN(ヒカキン)さんは年収1億超えの噂。夢がある。その他、Youtuberはマックスむらいさん、Kan & Aki’sさん、レオンチャンネル、はじめしゃちょー、バイリンガル英会話のちかちゃんさんなど、テレビやネットでウザいくらい見かけました(笑)。

 

で、この方クラスなら別の仕事して生きていけそうですが、YouTubeが有料化して「広告なし・広告非表示」できるようになったら、あれだけCMや広告で煽った「好きなことで、生きていく」と心に決めたYouTuberには大ダメージ。

 

動画の広告収入で金を稼ぐのではなく、動画を使って何かをプロモートできればいいんでしょうが。売りたい商品のアピールや、歌ってみた→人気→CD発売みたいな流れならYouTubeも便利なコンテンツになり得る。

 

単純に面白いことをして視聴数を稼いで広告収入を増やすのは難しくなりそうですね。お小遣い稼ぎところか、タダ働きになりますし、動画の質も落ちていきそう。

 

私自信、持病から「外へ働きに出る」のが厳しい状況。YouTuberのCMを見た時には、「これは良い時代!」と思った(私には無理だとすぐ諦めましたが)。英語が話せるけど社交不安障害の方とか、何かしら極めたスキルや発想があってメンタル面で引きこもっている人には救いになりそうな気もする。

 

ただ、5秒でスキップできるCMや30秒見続けないといけないCM自体、あまり広告の効果もなさそうですし、2015年からYoutubeの広告単価が落ちたという話もあります。難しい領域。

 

ネットの反応もyoutubeの広告には嫌悪派が多い。私もyoutubeの有料会員の価格が500円程度ならアリだと思う。値段がいくらかによって変わる気持ち。今のところ「アドブロック」(無料)がありますから、千円だと個人的には厳しい値段です。

 

無料でYouTubeの広告を消す方法「アドブロック」

 

無料でYouTube動画の広告を非表示する方法を追記。「アドブロック」というブラウザ拡張機能(Google ChromeやFirefoxなど)を使用すると、無料でYouTubeだけじゃなく、グーグルアドセンスやAmazonのアフィリエイトリンクの広告も消えるので、広告の多いページを読む時に便利。パソコンも少し早く軽くなる。

 

Google傘下のYouTube。Google側の広告は収入の柱ですし、「アドブロック」をあまり良く思っていないようにもネット上では論議されていたり。「アドブロック」と「Google」の開発のいたちごっこ。

 

Google Play(アンドロイド端末のアプリストア)からアドブロック系の広告ブロックツールが削除された経緯などもあります。

 

YouTubeの有料化が、アドブロックに対する何かしらの行動なら、「好きなことで、生きていく」のYouTuberは気にせずに動画撮影・投稿していても良いですが。どのような意図でYouTubeが有料化して広告非表示になるのか、その動きが気になります。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク