ロヒプノールの眠気

ロヒプノールの眠気

機能性胃腸症と胃潰瘍から始まって、自律神経が乱れて うつ症状、過敏性腸症候群と色々と苦しみましたが、何とか根本の機能性胃腸症から回復して、今はほぼ薬なし、ほぼ通院なしの生活で落ち着いています。ポケットにはデパスを常備するのは保険のため、これは相変わらず変わらない。

翌日に予定があったりすると、睡眠の質を上げておきたいと考えて、マイスリーとロヒプノールを夜、睡眠前に飲むことがある。

色々と忙しいタイミングで、急に寝ないといけないときに便利だったりするマイスリーとロヒプノール。(こういうマイスリーやロヒプノールの使用方法はあまり良くないだろうが、寝られなくて体調不良になるより安心する)。

 

「ロヒプノールが昼まで残って眠気が続く」

 

「ロヒプノールが体から抜けなくて眠いので仕事が辛い」

 

ネットで良く読むロヒプノールの作用、副作用。ここでロヒプノールの効果・効き目ですが、私の場合は1mgなら普通に朝に起きれますが(1mgの半分でも十分に効果がある)、ほんのたまに、昼ごろまで眠いまま、ずっと眠気が続くことがあります。2mg飲んでいた頃は昼まで寝ていたい時期だったので(うつ病中)、それはそれで本望。

今日がそのロヒプノールの眠気が取れない日だったのでメモ。ロヒプノール1mg。もともと、体力的にしんどい状態でした。前日が忙しく、足取りもフラフラしていた。免疫力なども過労のために落ちていたと思います。

薬は合う合わないが本人との相性にあると言われますが、合う合わない体の状態もあるかもしれないなと思います。

処方薬の効果が体に強く現れる時、効果が全然わからないときもある。体力の消耗時には、ロヒプノールの効き目が強く残るのかもしれない。体から抜けるのに時間がかかるかもしれない。代謝など影響するのかも。

今日、友達が遊びに来ていました。昨日からの泊まりだったので、夜中、ついつい夜更かし。なので、ロヒプノールを1mgを久しぶりに飲みました。中途覚醒や早朝覚醒するのを避けたかったのです。

朝、私は半分起きている状態で友達と話しているつもりでしたが、友達からしたら、訳の分からないことを話している状態。今から考えると、私は起きていない感覚で、夢の中に友達が出てきて、そこで話をしていた感じでした。

寝ぼけている(寝言を言っている)状況がずっと続いているので(20分ほど)、私の「脳(頭)がおかしくなった」「ボケた」アルツハイマーや認知症の可能性を心配していました。

結局、追加で2時間ほど眠ることになり(アリナミン系のカフェイン飲料を飲むものの起きられず)、ハッキリと目が覚めたときに寝言のような会話の話をされた。半分ほど私にも記憶がありました。その時には脳ドックの検査を受けろと言われたました。すごい恐怖を与えてしまいました。うつ病系の薬の副作用って説明すると納得されました。私がもう薬を飲んでいないと思っていた友人。

フラフラ・フワフワしていたときの私は、起きたくても夢から目が覚められない状態がずっと続いて、しんどい感覚でした。友達が泊まりに来ていたので起きようとしたため、薬がまだ体に残っているのに無理して目を覚まそうとしていた。

これまで、ロヒプノールが体に残っているときに、わざわざ起きようと思ったことがなかったので(そのままあと1時間ほど寝るので睡魔と戦わない)、昼まで効果が続いて仕事に影響が出るとネット上で言っている方の気持ちがわかりました。

例えば2mgとかのロヒプノールを飲み、朝に無理やり目覚まし時計で起きて出勤時にこんなキツイ眠気が来ては、とても仕事にならない。危険ですし、とりあえず眠さで何も分からない。脳が働くどころか、半分は夢の中です。

友達からは、ベロベロに酔っている人、幻覚が見えている人みたいだと言われたので、次回、こういうシーンがあったら動画で撮影してもらうようにしました。その動画を主治医に持って行って、これが実際にロヒプノールの薬が抜けていないからなっている状態なのかを確かめてもらおうと考えています。

脳ドックに関しては、年齢的にも一度は受けてみたいと考えています。私からロヒプノールの眠気で起きられない対策をあげるとすれば、量を減らす(減薬)も1つの方法だとは思います。でも、病院や医者から指定されている量を無理に減らすことはあまりオススメしない。

減薬よりも、普段の生活をしっかりとして、体調管理していくことで、薬の副作用を受けづらくすることができるのでは?と考えています。

薬と自分の体調との付き合い方がわかれば、昼まで眠い、朝が起きられない状態にならないような気がします。ネット上に書き込まれている方は、量が多い状況の方も多いようなので、一概にロヒプノールが昼まで眠くなる副作用の強い薬ではないと私は考えますが、ちょっと無理して体調が悪い日には、副作用も強めに出てしまうんだなと勉強しました。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク