U-NEXTとTabal、何だコレ!

U-NEXTとTabal、何だコレ!

1月下旬からU-NEXT(ユーネクスト)から着信が何度もあったんですよ(その当時はU-NEXTの存在を知らず)。知らない電話番号だから無視していたのですが。

 

大体、大切な要件は留守番電話に残すものですし。でも、7〜8回の着信でしつこいので、「勧誘ではない、大切な電話?」と思って仕方なく電話を取る。ちなみにフリーダイヤルだった。大事な用件のはずがない!

 

NTTです風な言い方をされて(と、少なくとも私はそう感じて)、すっかりNTTの人と話している気持ちで電話をしていました。

 

「通信の不具合はないですか?」とか。優しいサポート、「NTTがこんな優しかったっけ?」と当時は疑いもせず馬鹿だった。

 

パソコンの調子が悪いので何とかしたいと思っていたので(なんせNTTの方と話している気持ちになっていたので)、部屋に置いてある2つのモノを1つにするどーたらこーたら教えられて。

 

忙しかったので、方法はありますか?と聞いた。それなら対応している部署があるから電話してくれと言われる。

 

電話番号をメモ(これはNTTのものだった。だからなおさら、NTTの人と話しているとしか思えなかった)。

 

今、キャンペーンをやっている。オンデマンドTVが1ヶ月無料で見れるとかの話になって。

 

私の環境は、アップルテレビやHuluがあって、動画を見る環境は特に困っていない。動画を見る時間がない。Huluは最近見飽きたので、Dビデオに変更しようかなと考えつつ、1年以上も経過していた状況。

 

ちなみに、Hulu(フールー)、Dビデオ、U-NEXTって3つの選択肢になるくらい、そこそこ実力はあるものらしいね。これから契約することもないだろうけど(また解約するハメになるかもしれないけど)。

 

話の流れで、無料なら試していいのかなと思った。無料の部分を大きく相手側が言ってきたので。「無料で試して、良かったら有料に切り替え」だと思った(ハッキリ書くと、そう感じる話の流れをされました)。

 

それが、「有料で契約、最初の1ヶ月が無料です。それで、気に入らなければ切る処理をしてください」ってパターンで、いきなり届いたユーネクストからの契約締結のお知らせ。は?嘘??

 

「ユーネクストサービス契約締結のお知らせ」が届いて、初期登録料やビデオ見放題サービス(ここまででも十分ムカついたのですが)、訳の分からない音楽chポイントサービスとかまで契約内容で書かれていて。huluは約千円だし、Dビデオはもっと安い。月額2500円以上も取られて契約締結とか、U-NEXTありえない。

 

認証情報やギフトコードとか、それはそれで訳の分からないIDやパスワードが書かれていて怖い。NTTがバラしたの?って思ったし、どこでこんな個人情報ダダ漏れってか、個人情報どころかクレジットカードレベル…。

 

たまたま、ユーネクストの電話勧誘後にNTTから電話があって、「そんな電話、してませんけど」ってNTT側からあったのですが、その時に気づけなかった私も残念。また別部署の話しだったのかな?程度で流してしまった。

 

そして、ユーネクストから届いた契約と同時に本物のNTTから「tabal」の登録書類やメンバーズカードが届く。tabalと書いて、タバル。束ねるからタバル。

 

NTTのtabalに関しては、何の情報も聞いていない。tabalをネット検索してみると、NTTファイナンス。一括で支払いをまとめるもので。ファイナンスという名前を柔らかくして、tabal。

 

tabalにすると客側も支払いを一括にできるメリットもあるし、NTT側も人件費のコストが大幅削減できるとか。両方がメリットみたいな感じで書かれていましたが、私、急に方法が変わるの嫌なので、メリットはNTT側。私にはデメリットしかない。

 

tabalのログインIDやログインパスワード、第2のパスワードそして、メンバーズカードまで届く。怖い!何だコレは!!「Member Card」が作られて、ガッツリ本名が記載されてて、メンバーIDがあって…。

 

こういう時は、さらにネット検索。「U-NEXT tabal」で検索すると、詐欺とか解約とか、いきなり送られてきた系の書き込みだらけ。プライバシーの侵害とか。なんてこったー!検索窓で、「いきなり」って言葉を打つとわかります。

 

新しいマンションに引っ越して数カ月後に送られてきたって人が多くて、どこから情報が回っているのかも怖いU-NEXTとtabalの組み合わせ。

 

翌日、消費者センターに電話。NTTと思い込んだ会社から電話が来たんです。「どこですか?」と聞かれ、「U-Next」の名前を出したら、「あぁー」という反応。

 

「ユーネクストの名前の認識」の「あぁー」なのか、「またココね!」と受け取ったのかは反応では分からなかったのですが、聞きたかったけど時間が勿体無いし、消費者センターの方もプロなので教えてくれなさそうだし。

 

まず消費者センターに電話したのは、何かイチャモンつけられた時に怖かったから(解約料にお金がかかるとか嫌ですし)、不安解消をと思い。何もサインもしていないのに契約締結とか、どこの世界??

 

「それなら資料、送っておいて!」とは言いましたが、どんなチャンネルや番組があるか分かる資料だって思っていましたし、届いて月額使用料のサービス契約締結のお知らせハガキ1枚って、ビックリ通り越した。お申込みありがとうってシレーっと書かれているのがまた恐怖。

 

ユーネクストからのハガキにクーリングオフには電話してくれと書いてある。相手がブラックな感じなら嫌なので、相手がゴネたらどう対処したらいいの?

 

消費者センター、初めて電話したけど、優しかった。ありがとう!解約をしたい旨を伝える。気をつけることを教えてもらった。ちなみに回線系ってクーリングオフが難しいといか、色々と教えてもらった。

 

官製はがきに契約の内容を書いて、宛先を代表取締役宛にして、解除しますと記入して、簡易書留で送ったほうがいいとのこと。

 

簡易書留は届いた日がわかるから、届いた日の証明になる。送る前に裏表コピーを取っておく。こっちにも、向こうにも同じものがある状態にしておく。

 

封書じゃダメなのかと聞くと(ハガキのコピーを取って、クーリングオフの紙一緒に送ったほうがいいと思った)、相手側から「中身が入っていなかった」と言われた場合にクーリングオフが出来ずに困る。

 

ハガキで簡易書留なら、届いた証拠が残る。ありがとう、消費者センター。安心した!

 

U-NEXTに電話。クーリングオフ・解約をしたい旨を伝える(気持ち的には詐欺なの?って聞きたかったけど、我慢した)。

 

理由は言わず。ID番号を聞かれて答える。「それならこの場で解約と請求を発生しない形で処理をします」。

 

え?予想より簡単な解約。いきなりの解約成立。昨日1日のイライラとネット検索と消費者センターへの電話が無駄に。

 

とりあえずU-NEXTに、「解約をした旨の書面を送ってくれ」と伝える。待ってくださいって状態から、「普通は出さないけど」と、送付してくれるとのこと。

 

「同時にTabalも解約したいんですけど」。しかし、ここに関してはU-NEXTの方では解約できないと言われる。分かってた、その方式だってことは!ネットで下調べしてたし。

 

なぜ個人の電話番号を知っているのか?と聞くと、そこはわかりかねますとの返答。「わかりかねます」って言えば、何でも片がつく個人情報ダダ漏れ時代。まさかNTTが流しているとは思わないので、どこで住所や電話番号、引っ越しの有無を知っているか教えて欲しいわー!

 

Tabalに関しては、もう面倒なので、そのままでいいやってなりました。

 

もし、これがNTTがユーネクストを仕掛けてやっている方法なら(そんな書き込みも読んだので)、もうそれでいい。タバルに束ねられることでいい。

 

tabalにすることで、ユーネクストがキックバックをもらっているとしても諦める。勝てる気がしない。huluでいいや。Dビデオも嫌になった。

 

ちょっとハガキを見忘れたり、放置してしまったら、いきなり請求されるシステム。怖いですね。私、ちゃんとハガキを見て、捨てずに住んだから良かったものの、知らぬ間に請求されて気づいていない人もいるんだろうなーって。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク