Safariでアドセンス広告を削除

Safariでアドセンス広告を削除

AppleのiPhone、iPadのアプリにヒントというアプリがあります。iOS8にアップデートするとデフォルトで搭載されます。

【iphoneの画面 ヒントという黄色のアプリ】

IMG_0503
ヒントは、iOS8 の詳しい情報や機能を教えてくれるアプリ。AirDropやカメラ機能のタイマー、Siriで曲を聞き分けるなど、iphoneやipadがより便利に使える機能や方法が満載。iOS8最高、apple最高って思ってた。

 

ところが、今日、個人的にちょっと残念なヒントが登場。

 

Web上の邪魔な広告(アドセンスなど)を削除する方法

 

というもの。Safariから閲覧しているとき、邪魔だなと思ったブログやサイトで表示されるGoogleアドセンスなどの広告を削除するもの。

 

邪魔なGoogleアドセンス広告を消して、テキストと画像だけを読むことができる機能。確かに便利です。方法は簡単、画像の赤い矢印の部分をクリックするだけ。

 

このブログもアドセンス広告を貼っているので(スポンサーリンクってところ)、ヒントの通りにするとSafariではグーグルのアドセンス広告もあっさりと消えてしまい、非表示になります。

 

【Safariで広告を非表示する方法】

アドセンス非表示safari

 

赤い矢印部分をクリック、

 

アドセンス広告非表示

スポンサーリンクという文字だけが残ってる!リーダー表示できますって文字が出たときだけ使える。
微々たる広告収入ですが、サーバー代を賄えていたのでオワタ気分。この日記ブログもSafariからだとアドセンス広告が表示されなくなるので、確実に収入が減ります。

 

私のブログのアクセスではSafariからの流入が40%超なので、ヒントの『SafariでWeb上の邪魔な広告を削除する方法』が一般的に使われるようになったら間違いなくクリック率は下がります(クリックの単価は上がったりするかもしれませんが…)。

 

グーグルアドセンスの広告をブログサイトに使っているアフィリエイターは多いと思いますし(私も楽天やAmazonアフィリエイトは少しやっていますが小遣い程度)、アドセンス依存で稼いでいる方には痛手となるiOS8の仕組み。

 

ちなみに、iphone、ipadだけじゃなく、macbookからももちろん同じ方法で、Safariからグーグルアドセンスなどの広告を削除できます。表示されない画面はテキストのみで味気ないですが、十分に読みやすい。

 

特にスマホからだと、いつも読んでいる はてなブログなど『読みやすいなー』なんて思ったりします。が、評判良くならないで欲しい。オススメではない!個人的に!!

 

まぁ、ヒントの方法で広告を消しても、アフィリエイトリンクなど、通常のリンクは残ってたままです。

 

ハロゥインの日に気づいた驚きでしたが、アドセンスだけじゃなく、アフィリエイトに少しチャレンジしてみようかなと思える機会かも。

 

ブログやサイトを作って、在宅での不労所得が欲しいと思うので頑張ってみます。でも、非表示にならないブログサイトもあるみたいです。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク