猿の惑星(新世紀・ライジング)の感想

猿の惑星(新世紀・ライジング)の感想

金曜ロードショーで猿の惑星(創世記・ジェネシス)が放送していて、面白かったので続編の猿の惑星(新世紀・ライジング)を映画館に見に行ってきました。

感想日記を書くので、ストーリーとかあらすじとか、ネタバレが嫌な方は読まないでください。ちゃんとしたネタバレを読みたい人も無理だと思います。

【以下、猿の惑星(新世紀・ライジング)のネタバレ含みの感想】

イケた。シーザー男前すぎー。サル顔好きだし見た目もオッケー。

もともと週末に映画の予定をしていて(割引デーなので1100円)、猿顔の王ことマーク・ウォールバーグのトランスフォーマーにしようと思っていたのですが…。

トランスフォーマーの上映時間3時間はちょっと長いし、そもそもアクション映画に興味ないし、決めかねていたところ。

ちなみにマーク・ウォールバーグが2001年に『PLANET OF THE APES/猿の惑星』で主演していたのですが、それが面白くなかった。全く面白くない。

好きな俳優が出てるのに楽しめない映画ってなかなか無い経験。そのせいで、猿の惑星が新しく映画化されて、人気作品+キレイな猿顔ことジェームス・フランコが主演していることすら知らなかった。

金曜ロードショーでの猿の惑星(創世記・ジェネシス)がすごく楽しめたので)、猿の惑星(新世紀・ライジング)に決定。

前作がテレビ放送された翌日+猿の惑星(新世紀・ライジング)公開2日目+映画館も割引デー(1100円)だから大混雑するかと思っていたけど、意外と空席がチラホラなので人気ないのか?

と思ったら、猿の惑星(新世紀・ライジング)は字幕・吹き替え版の他、字幕の3D版・吹き替えの3D版があったみたいで、お客さんが4ヶ所に散らばったみたいです。注目作品みたいです。

私は3D版は酔ってしまうので通常版の吹き替えで見ました。エイプ達が手話するので、最初の方はしばらく字幕。一瞬、あれ、間違ったか?と焦った。

残念ながら、猿の惑星(新世紀・ライジング)ではジェームス・フランコは写真と(思い出の)カメラでしか出てこず。良いシーンでしたが、登場時間は足しても1分ほどと短い。

イケメン具合は少ない今回の映画。その分、圧倒的にシーザーがイケメン。パンフレットはセブン・イヤーズ・イン・チベットを思い出します。

猿の惑星(新世紀・ライジング)の感想
あらすじも映画の評価も全く読まずに映画館に直行だったので(金曜ロードショーを録画してみた直後に映画館へ)、まさかの10年後から始まったのにはショックでした。

ジェームス・フランコ死んでる設定だな。でも、ジェームス・フランコの分を、シーザーが巻き返してくれた。

ゴリ専(ゴリラ系の男が好き)のゲイ友達が、中身も見た目もカッコイイ!イケる!ってツイッターでつぶやいていたのも理解できた。ゴリラ系というか、チンパンジーだけど。

猿インフルエンザ(パンデミック)が流行して、人間がほぼ壊滅している10年後。猿インフルエンザに免疫のある人達が生き残って暮らしていて、エイプを滅ぼそうとしている。

シーザーは嫁、息子1人(途中で息子がもう1人生まれるの)家族持ち。猿社会のリーダーになっていて、大きなウチを作っている。

電気を供給するためにダムを動かしたい人間たちは、シーザーが住んでいる森に入り、色々とトラブルに発展。膠着状態から全面戦争状態に。

サルも人も人間関係(?)って色々あるねーって感じで、普通にドラマ。コバ(って名前だった気がする)がテレビで見た金曜ロードショーではすごく虐待を受けていた。

そのせいで、猿の惑星(新世紀・ライジング)で人間を信じれずに色々とやっちゃう(ウチを燃やしたりシーザーを撃ったりと)。

前日にコバの悲しい過去を(テレビで)リアルに見たので、かなりコバ寄りに映画を見てしまい、最後にシーザーが手を離した部分だけが唯一しっくりこなかった。

手を離すのはコバ側が良かったというか…。サルはサルを殺さないってところをシーザーが覆す。まぁ、コバがエイプじゃない宣言されたけどねぇ、完全に狂ってたし。

人間と猿の共存を考えていたシーザーも、さすがに最後には共存は無理的なことを言った。でも、自分から戦おうとは思わないだろうし、次回作はどうなるんだろ?

子供も息子が二人なので、次回作の猿の惑星では、兄弟で何かしらの展開になるかと予想。自由の女神のシーンはどう出るのか不明。無いとなると別映画になるし。

実際、猿の惑星(新世紀・ライジング)は、元祖の猿の惑星とは全く違う感じで、『愛と家族の人間ドラマ+ド派手なアクション』の映画。壮大でちょっとファンタジーっぽくも見れた。

タイトルが全然別でも良さそうな気もする。冠が強いぶん、元祖のファンは面白くないと思いそうだし。シーザー達エイプが黒い馬に乗っているシーンが凄い良かった。簡単な感想日記は眠くなったので以上。個人的に評価は満点です!

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク