最高級の桃…

最高級の桃…

子供の頃から親に果物を食べさせられ続け、フルーツに飽きた。どちらかといえば果物が苦手な人間になっていました。だから、果物全般の値段をほとんど把握していない。

先日、農家のいとこ(かなり遠い関係なので普段は全く会わない)から桃をもらう機会があり、何となくキッチンに放置していました。その後、たまたまデパ地下を通りかかった。

そこで桃が1玉700円で売っていて、『桃の値段って(デパ地下だと)こんなに高いのか…』と驚き、もらった桃も食べとかないとなと損だなという庶民感覚で、スムージーの甘みに使う程度にしようと思っていた。

桃の皮を切るのも面倒だなと思いながら、雑に剥く。スムージー用の緑の葉物野菜がなかったので、直接食べる。意外と甘くてい美味しいしもんだ。

『規格外(端物)の桃だから』という言葉とともに貰った桃なので(いわゆる訳あり商品)、まぁ適当な気分で食べたんだけど、後からとんでもない最高級品の桃(規格品で端物でなければだけど)だということを教えられた。

東京の百貨店では1玉2500円くらいで売られている桃だとか…。朝から2玉を雑に切って、サラッと食べて、食べきれない2切れだけを冷蔵してた。そんな雑な扱い。

何なら、いとこから貰った野菜や果物は、たまに放置して腐らせて捨ててしまったことも多々あった(農家のいとこが規格品の野菜などを平気で捨てたり、いらなければ捨てればいいみたいな貰い方をしてたから…。)。

朝から5千円級(規格品で端物でなければ)の食事なんて、一生に一度もない経験。たぶん、今後はない。

普段の朝食なんて6枚切りの食パン+バターがデフォだから、25円くらいで済ましているくらい節約に力を入れている今。100円のパンを食べることすら贅沢だと思っているのに。

今までの人生で、なだ万で朝食を食べたの超最高の贅沢だと思っていたのに(それでも2000円くらい?)、倍以上の値段をさらっと上回る(正規品の桃の場合だけど、味は大して変わらないらしいので)。

そんな最高級の桃だと知っていれば、1玉ずつ美味しいタイミングでキレイに皮を剥いて友達に自慢しながらセレブ感覚を演出したはず(スパークリングワインとか飲めないのに用意する)。

新作のDVDをレンタルしつつ、映画が後半にさしかかるタイミングで一緒に食べただろう…(何となく思いつくオシャレな高級桃の食べ方)。一人で朝食に5分で適当に済ますとかあり得ない。

最高級品の桃の姿と皮を剥いているシーン、種すらキレイに画像残したのに!動画にしたかもしれない…。食べさしの2切れの画像を残したけど、あまりに汚い。

でも日記として保存したいから魚眼レンズで最高級の桃の画像を撮って、さらに水彩画のアプリを使って加工。もはや高級感どころか、桃にも見えない。器も100円均一。

最高級の桃

東京の百貨店への卸値自体(正規品で規格内の端物ではない場合)が、私が見たデパ地下の桃の1個の値段よりも高い。卸値の値段は企業秘密としておきますが…。まぁ、訳あり商品ということで百貨店に並ばない果物ですが。

一生に一度しかない体験レベルをさらっと過ごしてしまった。物の価値って分からない人間には勿体無いなと。おじさま、おばさま、申し訳ない。反省しています。値段を知ってから混乱するとか、底が浅い人間だなと朝から痛感。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク