iTunesでの返金・払い戻しが嬉しかった

Appleからメールが来ていたので確認すると、購入した有料アプリと、買った覚えのない(正確にはレンタル)映画の請求がきた。

 

今後の再発防止するにはどうしたらいいか不安だったのでメールすると、Apple側から電話をかけてくれるという親切設計。

 

アップルの規約では返金は無理とのことらしいが(こちらの操作ミスなので返金して欲しいとも思わなかったけど)、払い戻しをしてくれた。クレジットでの返金。

 

返金+今後の予防方法を教えてもらった。今年中には実家の親にネット環境に慣れてもらいたいと考えているところ。

 

架空請求やワンクリック詐欺、迷惑メールが怖いなと思っていた時期に、自分でこういうポカをしたのも良い経験かな。相手がAppleで良かった。

 

■iTunesで勝手に購入してしまった経緯

 

メールが届いた瞬間は、”初めての架空(?)請求!!”と思ってドキドキ。『問題を報告する』をクリックしてAppleにメール。

 

色々と考えると、AppleTVが怪しいと思い、調べると勝手にレンタル中になっていて、映画が視聴の途中という表示。

 

今までMacBookやiPhone、iPadの有料アプリやiTunesでの音楽は、クレジットカード決済をしていたので、毎回、購入時にはセキュリティーコードを入れる必要があった。

 

今回、iPadを買った時にアップルストアのキャンペーンでiTunesカードを貰えたのでそれをチャージしていた。こちらが1タッチで購入(映画をレンタル)していた原因。

 

クレジットカード・・購入時にセキュリティーコードが必要
iTunesカード・・ストアクレジットだとクリック購入が可

 

※ちなみに、iTunesカードとApp Storeカードがありますが、どちらでも音楽やアプリの購入可能。名前の違いだけらしいです。

 

AppleTVのシルバーのリモコンがシンプルすぎて使いにくいので(これは改善して欲しい)、家のテレビのリモコンにappleTVのリモコンを合体(リモコンを追加)させて使っている。

 

アップルTVの配置(東芝レグザのリモコン)

リモコン
地デジやスカパー(ビデオ1)を見ている時にも同じリモコンを触るので、ビデオ3の裏でappleTVが動き続けて、勝手にitunesに行って映画の購入ボタンを押していた模様。

 

裏で勝手に操作して、前々からitunesの最新作映画を購入の場所に辿り着いているのが気になっていたけど、クレジットカードのセキュリティーコードを入れる必要があったため購入は無理だった。

 

今回、itunesカードのチャージで1クリック購入できてしまったのが原因。結局、アップルTVで映画のレンタルや購入をする時だけサインインするという解決方法になりました。

 

普段はYouTubeやhuluを見たり、iphoneの画面をミラーリングするしか使わないAppleTVなので、アップルIDをサインアウトしておいても不便はない。

 

『まぁ!それは大変ですね、申し訳ありません!』という電話対応をしてくれたので、申し訳ない気持ちもありつつ嬉しかった。いつも優しいなと。

 

チャージの返金は1時間〜24時間以内に終わるとのことで、一度、appleIDをサインアウトしてからサインインするとiTunesで返金が確認できる。

 

App Storeの一番下に行くとAppleのIDとクレジット分が確認できる(左下)。1時間ほどで金額が払い戻されていました。

 

■iPadと私の思い出

 

『これからはタブレット型端末だ!』みたいな全盛期に、彼氏からプレゼントされた初代iPad。

 

自分の生活に全く関係が無かったApple製品。独特の鉄のニオイがして苦手だった。オシャレすぎる最先端機器を持つことが、逆にダサイとまで嫌悪していた。

 

『この板でいったい何ができるんだ、イノベーションかッ!』と情報通の人すら混乱していた時期に、設定とか丸投げでプレゼントされた。

 

今でこそワードやエクセルは顔見知り程度ですが(使えないけど名前は知ってる)、当時の私の知識で次世代機ことiPad初号機を乗りこなせるはずもなく。

 

設定を終えるのに1週間かかった。Appleの店舗に駆け込んだり、電話もした。『壊れてるんですけどッ!』というスタンスで相談していた。もちろん壊れていない。

 

初代iPad、ランニングを考えると10万円位するし(3G回線の2年縛り)、相手の立ち位置を無視してプレゼントするなんて金の無駄だろ!iPadの気持ちも考えろッ!とイライラの日々。

 

高価なプレゼントを受け取った以上は、嬉しいフリを続けなきゃとも思うし、楽しんで使っている結果も出さなければ!という圧迫感。【アカウント】という言葉も知らなかったし、

・作ったアカウントをメモしない
・アカウントを適当に作る
・Apple IDを思いつきで登録する

 

と後々に大変に面倒臭いことになるってことも知らなかった。

 

今ではMacbook Airでブログを作ってみたり、ゴロ寝する用にipad mini。iphoneをAppleTVでミラーリングして動画を見たり、車ではiPod Touchで動画を見る。

 

休職した彼氏に趣味を見つけてもらいたくてMacbook Airをブレゼントしたり、親にも後々の介護用に使えると思ってipad Airをプレゼントする。

 

最初は本当にゴミだと思っていた初代ipad。困難を乗り越えて触り続けたから楽しさも分かったし、強い絆も芽生えたので愛を知った。

 

パソコンに嫌悪感、無関心を貫いていた両親ですが、万全の策(アカウントや使い方の説明を画像や動画を作る等)を整えて初代iPadを渡してみたら3ヶ月でメキメキ上達したので、iPad Airをちゃんとプレゼントすることにした。

 

私自身、Keynote、Pages、numbersはメモリを圧迫するので全部の端末から削除している。Appleとアプリは好きだけど、パソコンとか難しい仕組み自体は得意にならない。

 

そんな自分もiPadだけは2年あれば触れているので、私と同じ血を持つ60代の前期高齢者の親ですが、使いこなすと信じてる。

 

映画の返金・払い戻しは出来たけど、iPadは無理だし使ってもらわねば。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク