やせない汗

やせない汗

汗をかくとダイエットできているなと思うのが常識ですが、”痩せる汗”と”やせない汗”がある。

 

汗を正しくかくことがダイエットには大事で、やせない汗はいくらかいてもダイエットにつながりにくいとのことなのでメモです。

 

やせる汗とやせない汗の違いや比較

 

代謝をすると体から熱が一緒に出る。その熱を下げる唯一の方法は、汗が蒸発する時に熱を奪うこと。

 

代謝する⇒⇒熱が出る⇒⇒汗をかく⇒⇒熱を下げる

 

というのが体の循環ですが、”汗をかく”ということができないと、”体の熱を下げる”こともなくなり、そもそも”熱が出る”ことすらなくなる。代謝自体を起こさない低代謝になる。

 

汗をかいていない人の原因は、日常生活で運動しなかったり、エアコン依存など、働く汗腺(汗を出す腺)の数が減少している可能性がある。数が減少しつつ、汗腺の機能も低下する。

 

ダイエットで運動習慣を始めた人が、最初は汗をかかないが、だんだんと汗が出るようにもなる。

 

本来の汗腺の働きは、血液から水分のみを抽出して汗を出す。しかし、汗腺の機能が低いと、血液中の塩分など代謝に必要なミネラルを汗と一緒に出してしまう。

 

痩せる汗とやせない汗の簡単な違い

 

【やせる汗】

 

・サラサラしていて汗の粒が細かい
・汗の臭いが少ない
・味がしない

 

【やせない汗】

 

・ベトベトしていて汗の粒が大きい
・汗臭い
・ナトリウム濃度が高く、味がしょっぱい

 

やせない汗を痩せる汗に変えてダイエット促進

 

・手足高温浴

 

・豆乳葛湯(とうにゅう+くず)

 

・耳ヨガ

 

手足高温浴とは、手足の汗腺を高温の熱刺激で集中的にトレーニングする方法です。手と足だけお風呂につける方法。湯船に椅子を入れ、足と手だけを浸す。

 

豆乳くず湯が、やせない汗を痩せる汗に変える効果があるのは、くず粉の原料には葛根湯(かっこんとう)と同じく発汗を促進する作用がある。また豆乳の大豆には女性ホルモンのイソフラボンが豊富で、汗腺機能を調節する作用がある。

 

耳を中指と薬指の間にはさみ、1分間こする。耳ヨガすることで体がぽかぽかで血液の循環も良くなるようです。

 

やせる汗、やせない汗、見た目でも意外と違いがあるようなので、効率よくダイエットをこなせる汗をかきたいところです。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク