iMovieの簡単な使い方

高齢の親にiPadをプレゼントして、iMovieがお気に入りだったので使い方の説明を簡単に備忘記録です。YouTubeにも簡単に投稿できたので(容量節約が目的ですが)、imovieの使い方の流れもアップしてみました。

 

ipad(ipad miniやiphoneでも同じと思いますが)のアプリ iMovieを使うのが楽しい。画像を繋げるだけでもムービーっぽくなるし、動画や音楽を入れて編集するとさらに面白い。
iMovieの簡単な説明

imovie親

ipadのimovie

imovie高齢者

 

YouTubeでiMovie動画の使い方手順(簡単版)

 

iMovieを使った手順をYouTubeにアップしてみました。YouTubeの動画の簡単な手順を下に書いてみました。YouTubeから編集して字幕を入れる方法もあるようですが、そこまで出来なかったので…。

 

 

↓YouTube動画の手順20

 

手順1 iMovieのアプリをタップする。

 

手順2 右上にある『+』のマークを押す。新規作成。

 

手順3 左『ムービー』、右『予告編』が出るので選択。基本的に『ムービー』で良いかと。

 

手順4 プロジェクトを選ぶ。どんな動画の雰囲気にするかの枠を決める。あとで変更することも可能なので適当で大丈夫。

 

手順5 右上にある『作成』をタップする。

 

手順6 右上に”ビデオ”と”写真”と”オーディオ”の欄から編集したいものを選ぶ。

 

”ビデオ”を押してみる。すると、ipad内の動画から選択する画面になる。ムービーを選択する。”下向けの矢印”をタップ。同じように、”写真”を押すと、ipad内の画像の選択可能。”オーディオ”をタップすると、ipad内のミュージックを選択画面。

手順7 動画を下の編集欄に置き、次に画像を選ぶ。画像もタップすれば編集欄に移動する仕組み。

 

手順8 順番が気に入らない場合は、画像をタップすると移動可能になる。タップすると選択項目が黄色の枠に囲まれる。

 

手順9 黄色に囲まれた部分の画像を、動画の前後の好きな場所に配置できる(ドラッグしたまま)。

 

※動画や画像、音楽を消したい場合⇒選択して黄色の枠が出ている状態で、ipad右下にあるゴミ箱マークをタップ。

 

手順10 ホットドックの画像を”大きく⇒小さく”表示する場合は、黄色の枠の状態で、表示されている(左上)写真を2本指で拡大または縮小をして調整する。

 

手順11 画像と画像(もしくは動画)の間に三角形が2つ並んでいるのは、場面展開するもの(トランジョン)。白にボワンと爆発する感じで場面転換するものをチョイス。

 

手順12 ”オーディオ”を選択して、好みの曲を選ぶ。画像や動画に合わせたい音楽が決まれば、”下向け矢印”を押す(音量の調節は緑色のバーを触ると編集可能)。

 

手順13 画像を流している時間を短くしたい場合、短くしたい画像をタップして黄色の枠を出す。黄色枠にある画像の端の太い部分を長押ししながら左右へ移動させる。

 

手順14 画像や動画に文字を入れる場合は、同じように黄色の枠を出す。その状態で右下にある”タイトル”という文字をタップ。

 

手順15 ”タイトル”をタップすると、ipadの左下から順に、”なし”、”オープニング”、”中盤”、”エンディング”と出てくる。入れたい画像のどの位置かによって適当に選択する。

 

手順16 左上の画面に”タイトルを入力”という文字が出るので、そこを1回ポンとタップ。

 

※YouTubeの動画の流れには操作し忘れましたが、この時に右下の四角に囲まれたTの部分を押すと、文字の動きなどを変更できるので、面白い文字の効果を試せるのでオススメ。

 

手順17 右下にある車輪マークをタップすると、プロジェクトを変更可能。動画のフェードインやフェードアウトもできる。

 

手順18 動画を早くしたり遅くしたりすることもできる。倍速や低速にするには、動画の部分をタップして黄色の枠を出す。右下に”速度”が選べるようになる。左が亀、右が兎。右に行くほど早くなる。うさぎと亀を使っているのが面白いけど、老眼気味だと小さくて分かりにくい。

 

手順19 左上にある”〈 ”のマーク(平仮名の”く”)を押す。出来上がり。完成。

 

手順20 再生ボタン/メールなどで送るボタン/ゴミ箱 が表示されていて、その下のボタンは再編集したいときに押す。

 

簡単なiMovieの使い方です。もう少し色々と出来るのですが、親にプレゼントしたipadのアプリ、iMovieの使い方を教えるために簡単な手順をYouTubeの動画にしただけなので、基本的に雑です。操作手順程度です。

 

iMovieの中で失敗して画像や動画、音楽を消去しても、iphoneやipadのカメラロール(アルバム、itunes)の画像や動画、ミュージックを消すことにはならないので安心です。

 

ただ、動画は容量を食うので増えていくと大変なことになります。ipad miniの場合、

 

写真1枚 約1.6MB
動画1分 約120MB

 

動画を10分ほど使用すると1GBは使ってしまう(画像の粗さにもよりますが)。ドロップボックスに保存したり(有料じゃなくても無料版でも少しは保存できる)、YouTubeに公開するという形で保存するのも便利ですね(ネット回線があるならどこでも閲覧可能)。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク