カット野菜が安い

カット野菜が安い

最近、スーパーで種類が多くなってきているカット野菜。野菜が高騰している今、お買い得の知恵+時短レシピの味方とも言われるカット野菜。その安さが逆に心配だったりしますが、

 

カット野菜は、農家やメーカーと年間で契約をしているので価格・値段が安定している。野菜高騰時にも影響を受けづらいので安く手に入る。

 

とのこと。野菜が安くなっていた時には確かに高く感じていたかもしれない。値段が安いと栄養など危険性だけがつい気になってしまう性格(笑)。

 

カット野菜の種類も、炒めもの用やサラダ用、筑前煮や肉じゃがも手軽に作れる煮物用なども増えてきている。

 

個人的には小食なので、栄養や種類を多く摂取できるカット野菜はよく使う嬉しい商品。

 

鍋の時にサラダ用のカット野菜を入れるのもヘルシーな使い方で美味しいレシピ(栄養が逃げそうだけど、まぁ繊維は摂取できるだろうし、カロリーも抑えられるのでダイエットにも中年太り対策にもオススメ)。

 

ほんの1年前まではスーパーに夜に行ってもカット野菜の在庫があったのに、最近は少ないなと思っていたところ。

 

カット野菜の需要がなくなって仕入れをしていないのではなく、早く売り切れてしまっているみたいですね。野菜が高騰しているので人気商品だとか。

 

最初は”切っている野菜”なんて、早く使い切りたい鮮度の悪い野菜を危険な業者が販売しているのか?って抵抗もあったけど、普通に新鮮(だと信じてる)。

 

一人暮らしの人にも需要が高いだろうし、変なもの売ってたら一気に炎上から信頼が落ちる最近の世の中。

 

胃腸が弱いので、食品の安心・安全だけは常に気になりますが、値段も気になるのでついついカット野菜。業務用のカット野菜とかすごく興味が出る。

 

今はネット上で大根おろしアート(大根おろしを使って可愛い形を作るキャラ弁みたいなもの)が流行っているらしいので、さっそく大根を丸っとゲットしたのですが・・。

カット野菜

カット野菜がすでに恋しいですが、もう野菜そのままの形がアートなので、煮物にでもしようかなと。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク