たまねぎ氷の作り方

たまねぎ氷の作り方

昨年は、口コミで えのき氷が大ヒットしましたが、たまねぎ氷も同様に便利で栄養価もあり、料理の味わいも上げてくれると口コミから人気に火がついた健康レシピ。たまねぎ氷は、えのき氷とほぼ同じ作り方です。たまねぎを加熱することで、独特のたまねぎ臭が消えて、甘みも引き立つので、たまねぎ氷の作り方レシピでぜひ試してみてください。

 

たまねぎ氷の作り方レシピ

 

・たまねぎ4個(製氷皿が2枚分くらいになります)

・水 200ml

 

たまねぎ氷の作り方

 

・たまねぎの皮をむき、処理をする

・たまねぎをポリ袋に入れて600ワットで20分加熱

(爆発を防ぐために、ポリ袋の口は閉めないで)

・たまねぎと水200mlを混ぜ、ミキサーにかける

・ピューレ状になったたまねぎを製氷皿に入れて冷凍

・出来上がった たまねぎ氷を袋などに入れる。2ヶ月ほど保存可能。

 

※追記※

はなまるマーケットでたまねぎ氷が紹介されていましたが、そちらでは玉ねぎと水、レンジでの加熱時間は全て半分の量と時間で調節されていました。
えのき氷と同じように、カレーや味噌汁、シチュー、ドレッシングにしたりと色々な料理レシピに加えるだけで、味に深みが増して、栄養価もしっかりと摂取できるのが嬉しい。

 

⇒癒されるモノのまとめ記事も読んでいってください。

 

たまねぎ氷は、1日2個くらい食べると体に調度良い。たまねぎにはケルセチンというポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用が強いらしく、血管を強くしてくれる。免疫力を強くしてくれて、風邪も引きにくくなる効果がある。

 

また、疲労回復、ダイエット、冷え性、糖尿病予防・改善など、味だけでなく体にも良い。たまねぎ氷の作り方レシピはとても簡単なので、1回覚えたらオシマイ。大量に作っても、冷凍庫で2ヶ月ほど保存期間ある。色んな料理に使えます。

 

作るのが面倒!そもそもミキサーなし・ミキサーがない!!という方には、下に載せている酢たまねぎも良いかと。あと、楽天通販に玉ねぎ氷を取り扱い販売しているショップがありましたので、試してみるのもいいかと?あと、たまねぎ氷の書籍は楽天やAmazon通販に発売されています。

 

・たまねぎ氷健康法

・病気にならない!たまねぎ氷健康レシピ

・たまねぎ氷が血糖値を下げる!美味しい糖尿病レシピ

・たまねぎ氷 驚異のパワー 20倍健康法

・体スッキリ!たまねぎ氷ダイエット・・などなど。

 

イソアリイン・ケルセチン・グルタチオン酸の効果

 

・イソアリイン・・・血栓を防ぐ
・ケルセチン・・・・血管を丈夫にする効果
・グルタチオン酸・・血管内壁の中性脂肪を分解する働き

 

たまねぎ氷の健康効果は、糖尿病や高血圧の予防につながり、たまねぎ氷を毎日食べた患者のデータでは、血糖値を示すヘモグロビンA1cの数値が良くなるというデータも出ています。血管が良くなることで、体調管理・健康維持・ダイエットの栄養補給などにも たまねぎ氷は便利ですね。

 

酢たまねぎはミキサー不要!

・玉ねぎ1個をスライス

・リンゴ酢(大さじ3)

・ハチミツ(大さじ5)
これを混ぜあわせて5日間漬けると酢たまねぎの完成。たまねぎ氷を作るのが面倒だという方、ミキサーがない方、別のレシピをチャレンジしたい方にはオススメです。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク