ipadを親にプレゼント

ipadを親にプレゼント

親にipadを楽しんで使ってもらうため、色々と試行錯誤しながらアプリの厳選や設定を繰り返したメモです。使っていたipadを渡すのでプレゼントというより”お下がり”ですが、入れたアプリの使い方の動画も作ったりして気持ちは込めました(照)。

 

【両親の状況】 

・パソコンは基本的に使えない

・老眼で小さな文字が見えづらい

・携帯電話はガラケー

・旅行が好き

・写真を撮るのが好きでプリントアウトする

・脳トレとして簡単なパズルゲームが趣味

・たまに音楽を聴く

・家にネット回線はない

・ネット動画は見たことも撮ったこともない

・youtubeやyahooは名前を聞いたことがある程度

・オフィス/ワード不可なのでNumbers/Pagesも不要

親にipad

【親にipadをプレゼントするキッカケ~】

 

正月に実家へ帰ると、親が見えづらそうに新聞のパズルゲームやテレビ欄を見ていた。老眼も大変だなぁ~と思っていると、取り出してきたのが旅行の写真。

 

わざわざ写真にプリントアウトするってのも久しぶりの感覚だなと思って話を聞いていると、デジカメのメモリー容量が小さいため、写真に起こしては過去のデータを消去しているとのこと。消すって・・。

 

老眼鏡と容量が大きめのデジカメ用SDカードをプレゼントしようかなと考えていたら、親のデジカメはXDピクチャーカードというもの。初めて見た。

親にipadをプレゼント

デジカメからUSBをつなぐ線はあったのでセーフ。タブレット一体型のパソコンでもプレゼントして、旅行へ持って行きつつ画像保存や編集をしたり、大きな画面でパズルゲーム、テレビ欄やニュースを見てもらおうかなと考えた。

 

そろそろ介護も視野に入れないといけない年代なので、顔を見ながら話せるFace Timeとかのテレビ電話(ビデオ電話)も必要ですし、実家にネット環境も置かないといけないなと思っていたところだし。

 

でも、両親は二人共ガラケー(micro SDカードも入ってない携帯)。全くパソコンの知識がないどころか、パソコンに苦手意識がある世代。アプリという言葉も通じない。

 

親の家にネット回線を作ってwifiルーターを用意し、パソコンをプレゼントしても使わないとなるとコストパフォーマンスも悪い。

 

パソコンは変なところを押してしまうと課金されると思っているので怖いらしい。こちらとしても、変なサイトに行かれても怖い面もある。

 

苦手意識を減らしてもらう+安全に最新機器(?)に慣れてもらおうということで、余っていた初代のipadをまず両親用に設定してプレゼントという名のお下がり。まずはオフライン設定で。

 

新しくipad miniを購入してからは、防水ケースに入れてお風呂の中に持って入ったり、料理中の動画鑑賞(結構、水が飛ぶ)に使っていた壊れても良いと思っていた初代ipadなので心苦しいですが、まずは試しに。

 

私が初めてipadを使った時にも慣れなくてイライラしたのに、うちの親がすぐに使いこなせるはずもない。ということで、まずは最小限のアプリとその使い方の動画を自作で撮影してipadのカメラロールに保存。

 

作った動画が約20分もあり、データが重いのでパソコンから消したくてyoutubeにアップロードしようと試みる。そしたらyoutubue動画のアップロードは通常15分縛りがあるとかなんとか。↓YouTube動画。12分20秒付近が自慢(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=kXYKrT8KgY4&feature=youtu.be

困難にも直面したものとりあえず通過。PDFを作ったり、改めてipadを1から触って設定しているうちに少し知識が増えた。

 

ほとんど無料アプリで、Kindleで雑誌を2冊購入とitunesで音楽をダウンロードしたくらいの簡単設定です。まずは板状の機械(ipad)で色々なことが出来るということを知って欲しいので。

 

【親へプレゼントしたipadで設定したアプリと方法など】

 

・カレンダー(純正)

wifiの回線を切っても月日はしっかりカウントしていたので使用

 

・リマインダー

老眼なのでまず文字打ちが厳しく、キーボードも使いこなせないので保留。

 

・メモアプリ

上と同じ。書いた後は大きくできるのもあるが、書く時が小さいので難しい。

 

・計算機

あると便利なので大きいのをチョイス。

 

・ミュージック

itunesの曲をいくつか入れる。老眼で文字が見えにくいので、itunes内でプロパティを触ってアルバムアートワークを入手。CDのジャケット画像を付けて、パッと見て誰の音楽か分かるように区分けしました。itunesにない古いアーティストはAmazonなどの画像で探しました。

 

・ibooks

ネットにある旅行ガイドや”魚へん”の漢字リスト、配色パターン、雑学から豆知識のクイズなど、親が興味のありそうなものをPDFで保存。私から送信したものの保存用に。

 

・Kindle(キンドルアプリ)

電子書籍の参考として雑誌や小説を入れる。ただ問題が1つ。私が購入した書籍やマンガがクラウドの欄をクリックすると丸見えになる。かなりググったものの、ここは解決できなくて隠せないようです。ちょっと私生活丸見えで恥ずかしい。

 

・Clipbox(クリックボックス)

動画をオフラインで見ることができるアプリ。過去に見た番組や一般の方が投稿したyoutubeを動画を少し落とすことに。動画は色々なものがあるし、ドライブの記録なんかも楽しいと参考にしてもらおうと。

 

・retouch(リタッチ)

写真のいらない部分を消すことが出来るアプリ。父親が一番使いたがったアプリ。

 

・Snapseed

簡単に画像処理ができるアプリ。私は間違えて【Snapspeed】と打ち込んでしまい、有料100円の不要アプリを購入してしまった・・。お気をつけて!

 

・TiltShiftgen

画像処理ができるアプリ。写真がオモチャっぽく変換できる。

 

・My Sketch

画像をスケッチのように編集できるアプリ。操作も簡単で効果抜群。

 

・ピアノHD

老眼なので、鍵盤が大きめのピアノをチョイス。気分転換用に。

 

・Go!Drum Set

ピアノも入れたし、何となくドラムも入れたという感じで。

 

・カードゲーム

ソリティア・スパイダー・フリーセルのセット。

 

・QuickReversal

1人用でも2人プレイも楽しめるオセロゲーム。

 

・日本パズル

地図を埋め込んでいくパズルゲーム。かなり脳トレになる。

 

・世界パズル

地図を埋め込んでいくパズルゲーム。世界版はさらに難しい。

 

老眼鏡のアプリもあり、カメラで文字を読み込むと大きく表示されるというのもあった。初代ipadにはカメラがないので使えなかったけど、親にipadをプレゼントするなら便利そうだなと次回まで保留。

 

その他、将棋やナンプレなどのゲーム、動く動物図鑑や立体図鑑などipadだからこそ楽しめるアプリも参考程度に入れておいた。

 

初代ipadなので途中でアプリが落ちたり、重くて使い物にならない部分もあるけど、親からしたらフォトフレームや画像の保存場所、画像処理、パズルゲーム、読み物として十分に楽しめそうです。

 

日本語のテンキーキーボード、絵文字キーボード、英語のキーボードの3つにして、日本語フルキーボード(ローマ字入力タイプ)は無理だろうと思って消去。英語の自動大文字入力もオフ。

 

せっかくだから最新機器(?)を楽しんでもらおうと思ってBluetoothのヘッドフォンも足し、ipadとUSB、ipadとメモリーカードを繋げるアダプタ、microSDやminiSDを通常のSDカードサイズにするアダプタも。後ろのピンク色のはiphoneで動画を撮ったスタンドです。

ipadのプレゼント

wifi+3Gモデルで2年縛りのipadだったのですが、回線は切ったのでwifi機能のみ。実家はネット環境がないので、オフラインでのみ楽しめるアプリなので安心。

 

親がipadに慣れてきたらセブン-イレブンなどのコンビニやマクドに行ってもらい、wifiを繋げて”桜まつり”や”イベント一覧”などのネット情報をPDFにしてメールで送ることも計画中。

 

このままオフラインのipadを使いこなせるようになったら、その後にようやくネット回線をつなげてみようかなと思っています。

 

まずは鉛筆とノートで書いている日記をデジタル化してみよう!という気になってくれたらいいなと思いつつ。しばらくフォローは必要です。

 

意外と何でもないパズルゲームでオンラインが必要だったり、古いipadなので【このアプリケーションにはios6.1にアップデートする必要があります】とか言われまくり。

 

オフラインで使える地図こと”MapFan”というアプリが一番入れたかったのですが、iosが対応せず残念だった。その他、色んなアプリがダウンロード拒否の連発に苦戦。

 

まずipadに興味を持ってもらえたらいいなと思いながら試行錯誤しましたが、親って何が欲しいんだろ?何が好きなんだろう?って考えるキッカケにもなりました。これも1つの親孝行かなと。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク