心臓周囲脂肪の落とし方

心臓周囲脂肪の落とし方

心臓周囲脂肪とは、心臓の周囲にこびりついている脂肪で、厚くなっていると危険な脂肪。心筋梗塞などの突然死を発症させる危険性がある脂肪です。心臓周囲脂肪の落とし方・減らし方は意外と簡単。

 

健康な人にも心臓周囲脂肪はあり、2~3mmほどはついている。その脂肪が厚くなると悪玉ホルモンを出すようになるので、毒になってしまう(炎症性サイトカイン・・脂肪から出る悪玉ホルモンで激しい炎症を引き起こす)。

 

炎症性サイトカインが組織を炎症を起こしたり、組織を溶かして破裂を引き起こしたりする。心臓は筋肉ですが、酸素や栄養素を冠動脈のおかげで動かすことができるのですが、冠動脈に毛細血管を通して心臓周囲脂肪が悪さをしてしまう。

 

体型が細めの人でも心臓周囲脂肪が多い人、体型がメタボや太い人でも心臓周囲脂肪が少ない人がいます。むしろ、太っている人のほうが心臓周囲脂肪が少ないというケースもある。

 

【心臓周囲脂肪が多い・つきやすい人の特徴】

 

・昔は痩せ型や標準体型だったが、成人して太った人

 

体内の余分な脂肪を入れる脂肪細胞というものがあります。その皮下脂肪にある脂肪細胞の数は成人時の体型で決まる。

 

そのため、成人したときに太っていた人は脂肪細胞の数が多いので、貯め込める脂肪が多い。脂肪細胞がいっぱいになってしまうと内臓脂肪になり、さらに悪化して心臓周囲脂肪になります。逆にメタボ体型の人のほうが心臓周囲脂肪が少ないということもあるようです。

 

【心臓周囲脂肪の落とし方・減らし方】

 

心臓周囲脂肪の落とす方法は意外と簡単。食事の際に、野菜から食べることや、ちょい足し歩きをするだけでも簡単に減らすことができる。ちょい足し歩きは、普段より少し多めに歩くという簡単な方法です。

 

心臓周囲脂肪はダイエットとは違い、つきやすいが落としやすいのも特徴。最近、太ったと思う方、昔よりも急激に脂肪が付いたなと思う方は、心臓周囲脂肪を意識するのもよいかと思います。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク