アメリカン・アイドルやxfactorの音楽をダウンロードできた

アメリカン・アイドルやxfactorの音楽をダウンロードできた

日本で見られるアメリカの素人参加オーディションの音楽番組は、CSのスカパー(FOX)だとAmerican idol(アメリカンアイドル)やXfactor(エックスファクター)、BSのFOXだとThe voice(ザ・ヴォイス)が面白い。

 

アメアイやXfactorの番組を見ていて好きな曲・歌声だなとファンになっても、itunesアメリカでしかダウンロードできない仕様で、【日本からはダウンロードできません】と字幕に出ている。

 

音楽を買うことはすっかり諦めてパソコンやipad miniからのYouTube動画で我慢していたのですが、US版(アメリカ)のitunesのアカウントを作成することで、参加者が歌った音楽を日本からダウンロードする(曲を購入)ことが出来きる情報をゲット。

 

Xfactorシーズン3の優勝チーム、お気に入りのAlex&Sierra

アレックス&シエラ

音楽プレイヤーや携帯(iphoneやipod、アンドロイドのスマホ)で聴くこともできるので、散歩や電車が捗る毎日になりました。ダウンロードした過程をメモです。上記の画像はiphoneでの音楽の画面です。X Factor USAでのパフォーマンスとあります。画像も可愛い。

 

私はパソコンは苦手~普通程度なので、パソコン初心者でも1時間もかからずに簡単に設定できると方法だと思います。好きな海外の洋楽アーティストの動画って日本では販売されていない場合が多いので、アメリカ版のコンテンツやアプリを楽しめる方法でもあります。もちろん英語ばっかりなので翻訳アプリや辞書も必要ですけど(汗)。

 

■US(アメリカ)のiTunesを見る

 

まず、パソコンから日本版のitunesを開いてみます(ちなみに画像の一番上は、xfactorシーズン3の準優勝者の白人男性 ロックシングルパパこと、お気に入りのジェフグート/Jeff Guttです)。画像をクリックすると大きくなりますが、横に大きい画像なので、パソコンやスマホ環境によっては日本の国旗は右にスクロールしないと表示されないです。

japanitunes

設定方法

一番右下に白丸の中に赤丸が付いたものがあります(バージョンが変わっていても、日本版を示す何かはあると思いますので探してみてください)。今のところはitunesの画面の最下部。

 

日の丸の国旗をずっと何かを録音するボタンだと勘違いしていて、エラーなどが怖くて触らなかった部分でした(笑)。日本版の状態だというメッセージです。

 

日本の国旗をクリックしてみると、海外のitunesの一覧が表示されます。そこでアメリカの国旗(United States)を探してクリックします。一番上のほうに出てくると思います。

 

読み込みが遅い時もありますが、簡単にアメリカのitunesへ辿り着けます。右上の検索窓から歴代のアメリカン・アイドルやXfactor、The Voiceの出演者の検索をかけます。

 

※右上の窓の検索欄に打ち込むのは英語表記での名前。例えばアメリカン・アイドルのシーズン12の優勝者(黒人女性) キャンディスグラバーが調べたいのなら、”Candice glover”と打つ。平仮名やカタカナはもちろん対応していないので。試しに一覧のまとめを出したのでコピペして検索してみてください。

 

【アメリカン・アイドル/Xfactor歴代優勝者の名前一覧】

・Kelly Clarkson

・Ruben Studdard

・Fantasia

・Carrie Underwood

・Taylor Hicks

・Jordin Sparks

・David Cook

・Kris Allen

・Lee Dewyze

・Scotty McCreery

・phillip phillips

・Candice glover

・Melanie Amaro

・Tate Stevense

・Alex&Sierra

 

試聴方法は日本版と全く変わりのないアメリカ版itunesなので操作も簡単。ただ、ワン・ダイレクションが見つからないと思ったら、彼らはイギリス版のXfactorだったなという勘違いはしたりする(笑)。イギリス版では買える方法や設定は試していないです。そもそもイギリスのオーディション番組が見られないので設定したいとも思わなかった。

 

アカウントを作成してサインインするには、メールとitunesギフトカード

 

まず用意しておく必要があるのが、US版(北米版)のitunesギフトカードを購入すること。アメリカのクレジットカードを持つことは困難のため、音楽をダウンロードする支払いはギフトカードを使います。

 

音楽(その他アプリや本、動画)を購入するのに必要で、日本のコンビニやスーパーでも多く取り扱いしています。

 

ここで注意なのは、日本のコンビニやスーパーで販売されているのは日本のみで使えるitunesギフトカード。”ドル”ではなく”円”にのみ対応。Amazonや楽天の通販サイトでUS版のitunesギフトカード(北米版)を購入する必要があります。円高や円安によって値段は左右されます。

 

輸入盤のため通販だと注文したカードのお届期間が2週間くらいかかりますが、最近の業者はメールで先にitunesのコード番号を教えてくれるので、実質は1日ほどでチャージできる。Amazonや楽天通販が便利かと思います。店舗によって値段はバラバラなので安いところを見つけてください(口コミ評価やレビューが高いショップ店舗が大体はカードのコードをメールで教えてくれるかと)。

 

【アメリカ(US/北米版)のitunesカードの通販】

⇒楽天通販でitunesギフトカードの北米版・輸入盤を見てみる。

 

アメリカのitunesアカウントを作成するには、まずフリー(無料)のアプリを購入する(というかタダなのでダウンロードするだけ)必要があります。ここ重要です。私はここでかなり時間を浪費。

 

最初から有料のコンテンツを購入しようとした先から辿り着くアカウント作成画面では、支払い方法で”None”という欄が選べない。

 

無料(Free)と書いてある適当なアプリをitunesでクリックすると、アップルIDだけが必要なので、純粋にアップルIDだけを作る事ができる。

 

freeのアプリをクリックして、そこでアカウント作成の表示がされるので、そこからAPPLEのIDを作成する。簡単な英語を使われているので、意外と読み進められて作成手順は簡単。

 

日本のitunesで使っているメールアドレスは重複して使えないので、Yahoo!の別アカウントやgmailなどで新しいメールアドレスを作成する必要があるので、そこがパソコンの全くの初心者には難しい点かもしれないです。パスワードもしっかり控えるように注意です。

 

同意説明文、利用規約などを”continue(続ける)””agree(了解)”をクリックして続ける。1番に難しい点は、住所。これは実際にあるアメリカの住所を使わないといけない。

 

私は大昔にアメリカに遊びに行った先の住所を使用(ネット検索ではオレゴン州が消費税の関係で有料コンテンツを安く購入できる州のため使われていることが多い。オレゴン州は”OR”という表記を選択)。

 

オレゴン州にある住所と電話番号はネット検索で適当に調べる。これってグレーゾーンな気がしたのですが、アップルストアの住所や有名ホテルなどの住所で良いみたいでネットでは同じように海外コンテンツが欲しい人が使っている裏ワザ(?)。

 

※何かが変更されてアメリカ版のitunesのアカウント削除などがある場合も考えられるので自己責任でお願いします。

 

アカウント作成したらサインインして、ここからは普通に日本版と同じように音楽や動画を探して購入する。アメリカン・アイドルやXfactor、The voiceの音楽も買い放題だし、曲も試聴放題です。

 

私はWindowsとMacのパソコンを併用していて、windowsで購入したらMacのパソコンにも反映されたのですが、Macから購入するとwindowsに反映されなかった。パソコン2台使っている人も似たような悩みがあるみたい。

 

windowsのデスクトップパソコンのiTunesのメニューの中に”Store”という部分があって(ファイル、編集、コントロールなどがあるメニューバー)、そこのstore部分で【コンピューターの認識】をすると、windowsとMacも同期してくれました。ちなみにMacはMacBook Airですが、こちらのitunesにはメニューバーがないので、色々と仕様が違うとややこしい。

 

アメリカ・アイドルとX-factor派ですが、The voiceの参加者を検索欄に打ち込んでも表示されたので、探せば欲しかった参加者の曲があると思います。ベスト10くらいのランキング上位の入賞者は実質デビューできているようなものですね。

 

ソニーなどitunesを使わない人は、パソコンで新規のitunesを作成するか、アカウントを持っている友達にCDで焼いてもらうなどの方法でも大丈夫かと。ただ、手間もかかりますし、アメリカ版だと音楽も動画も安いので便利なので自分で覚えた方が後々は簡単な裏技(?)です。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク