金スマの野菜と果物

金スマの野菜と果物

中居正広の金曜日のスマたちへというテレビ番組の人気コーナー”ひとり農業”。東京を離れて野菜や果物、珍しいフルーツを作って生活をしている企画です。

 

今回の金スマのひとり農業では、見慣れない聞きなれない面白い果物が紹介されていたのでメモです。野菜や果物、フルーツ好きの方は必見の大収穫の回でした。

 

金スマで紹介された野菜・果物・フルーツ

 

・パッションフルーツ

 

ゼリー状の種も果肉と一緒に食べる南国・熱帯原産のフルーツ。8月頃から実が出来で10月頃が完熟。1つ300~400円ほどの値段。味は爽やかで免疫力が高まるというβカロチンが豊富な果物。

 

・キワーノ

 

キワーノは別名ツノメロンと呼ばれるメロンの一種。キワーノの果実は柑橘系に似ていて、中性脂肪を減らす効果のあるといわれるマグネシウムが豊富な南国フルーツ。

 

※クックパッドでもキワーノの食べ方のレシピは1件のみ(普通に切って蜂蜜をかけるレシピ。ヨーグルトにも合うようです)、楽天レシピではまだ0件。かなりマニアックな果物でしょうか(笑)?

 

【8種類のダイコンとそのレシピ】

 

・地上に出た部分が青い⇒青ダイコン

でんぷん質が豊富なので天ぷらに。でんぷん質がホクホクに仕上がるレシピ。

 

・辛味が強い⇒辛味大根

青ダイコンの天ぷらの大根おろしに使用。飾り付けの彩りに食用菊をプラスしたレシピ。

 

・中まで赤いサラダ向き⇒もみじスティック

サラダ向きでシャキシャキしているので、野菜スティックに。

 

・皮が白く中が赤くて形は丸い⇒紅芯大根

甘みがあって柔らかいので京都では千枚漬けにされるダイコン。スライスして塩に漬けて水分を抜き、酢・みりん・砂糖に入れて1時間の浅漬レシピ。

 

・普通のダイコン

ふろふき大根にして、味噌をかけるあっさりレシピ。

 

・味が染みやすい京野菜のダイコンの一つ⇒聖護院だいこん

 

・皮が真っ赤で中が白い⇒赤大根

 

・首の部分だけが赤くなる少し丸め⇒紅岬

 

これらにダイコンの葉の味噌汁を作って、ダイコン尽くしの料理レシピを作っていました(聖護院だいこん、赤大根、紅岬は使ってなかったっぽいです)。ダイコンだけで華やかな食卓だったので、色も白だけでなく魅力的な野菜でした。

 

金スマのひとり農業の大収穫祭では、ゴボウや安納芋、せり、ムラサキイモ、野沢菜、丸芋、オカノリ(葉っぱを火で炙るとノリの香りがする不思議な野菜)など美味しそうな野菜がいっぱい。

 

金スマのひとり農業を見ていると ひとり農業も楽しそうだなと憧れますが、金スマのひとり農業での野菜本やレシピ本が発売されると、それがまず欲しいです。2014年の夢は、キワーノが食べてみたい。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク