ミドル脂臭の対策

ミドル脂臭の対策

最近、大手化粧品メーカーのレポートから特定された”ミドル脂臭(ししゅう)”。加齢による年齢は加齢臭ですが、ミドル脂臭はミドルの年齢(30~40歳代)が特徴。アラサー、アラフォー年代の男性は予防と対策が大事です。

 

【ミドル脂臭とは?】

 

ミドル脂臭とは、30~40歳代の男性の頭部や首の周辺に生じる特有の脂っぽいニオイ。脂っぽい臭いの成分を調べてみるとジアセチルが原因とのこと。

 

乳酸(汗に含まれている)の分解などによってジアセチルという成分が発生してミドル脂臭というニオイの原因になってしまう。

 

【加齢臭とミドル脂臭の違い比較】

 

・ミドル脂臭の原因の成分⇒ジアセチル

・加齢臭の原因の成分⇒2-ノネナール

 

ミドル脂臭は使い古した油のようなニオイで、加齢臭は古い図書館や枯れ草のようなニオイ。加齢臭の年齢は40代後半から始まって、50代以降の男性だけでなく女性の皮脂から出てくる物質。

 

アラフォーになって体臭を気にするようになり、オヤジ臭の予防と対策のためにデオウというボディーソープを使用しているのですが、ノネナールに効果的な商品。自分がミドル脂臭か加齢臭か、その判断も大事なんだなと。

 

【ミドル脂臭の予防と対策方法】

 

ミドル脂臭の予防と対策方法は、頭や首周辺をしっかりお風呂に入って洗うこと。夏場は汗をかくのでニオイを気にする人も多いですが、冬場はシャワーで体を流す人も多い。特に頭と首周辺は石けんでニオイ対策。

 

また、油物や揚げ物、油分の多い食事によりミドル脂臭になりやすくなるようです。野菜を摂取した食生活にすることも、ミドル脂臭の予防と対策に効果的です。

 

加齢とともにミドル脂臭は少なくなり、加齢臭が増えてくる。自分がいつミドル脂臭から加齢臭に切り替わるかも分からない。ダイエット(栄養不足)によるダイエット臭など、最近は香りの対策が必要です。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク