インフルエンザの経鼻ワクチン

インフルエンザの経鼻ワクチン

モーニングバードというテレビ番組を見ていると、インフルエンザに”もう感染しない”究極の予防接種という特集がありました。そこで紹介されていたのがインフルエンザの経鼻ワクチン(鼻からスプレーする方法)。

 

現在のワクチンと経鼻ワクチンの違いは?

 

【現在のインフルエンザワクチン】

 

今現在、注射で打っているワクチンは、インフルエンザウイルスにかかった後の重症化の予防目的。ウイルスにかからなくなるためのワクチンではないので、インフルエンザの感染自体は防げない。

 

ワクチンを注射することで、体の防御機能が働いて、血液の中にウイルスを退治する”抗体”を作る。しかし、ウイルスは鼻の粘膜・のどから感染して増殖し、その後に血液の中に侵入する。

 

つまり、今の段階でのワクチンでの予防は、感染してインフルエンザが血液中に入って来るまでは効果的ではないという方法。

 

【経鼻インフルエンザワクチン】

 

鼻からスプレーするインフルエンザの経鼻ワクチンのメリットは色々とあって、まず注射が必要ないので子供から大人まで予防接種が簡単。費用は従来と同程度。

 

経鼻ワクチンの使い方の方法は、鼻の粘膜にワクチンをスプレーするだけ。1シーズンに2回。インフルエンザウイルスが侵入する鼻の粘膜・のどに”抗体”が作られて、感染自体を予防する効果が期待できる。

 

経鼻ワクチンは1種類のウイルスだけでなく、いろいろな種類に効果があると考えられているようです。鼻で作られる抗体は、花粉やハウスダスト、排出ガス、ウイルス等の過酷な環境で作られるため、鼻粘膜の抗体はサイズも大きく強くなる。

 

インフルエンザウイルスは毎年 変異を繰り返して流行しますが(A型、B型、新型、鳥インフル等)、経鼻ワクチンの実験では複数種類のウイルス感染を抑える・撃退できる結果も出ているとのこと。

 

ただ、唯一の問題点は、インフルエンザの経鼻ワクチンはまだ開発中ということ。国立感染症研究所 感染病理部の長谷川秀樹 医学博士が説明をされていて、インフルエンザを完全予防できる経鼻ワクチンの完成には5年くらいはかかるとのこと。

 

今からだと2018年~2019年。2020年のオリンピックにギリギリ間に合うかもしれない夢の薬!将来は人だけでなく、犬や猫も将来は病気をしない体になるくらい医学が進歩しているんでしょうか?

 

インフルエンザの経鼻ワクチンは、臨床の段階は終わって、現在は治験中(2013年12月)。副作用がないことは分かってきたが、まだスッキリと効果があるか試している段階とのこと。あさイチからはなまる情報でした。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク