マキベリーの効果は?

マキベリーの効果は?

栄養効果の高いスーパーフルーツとして2013年に人気になったアサイー。そんなアサイーの次に来るスーパーフルーツとして口コミで評判になっているのが”マキベリー(MAQUI BERRY)”という果物。アサイーの約5倍以上の抗酸化成分、ポリフェノールを持つ最強の美食材。

 

抗酸化力が強いマキベリーの効果・効能

 

マキベリーは、南米チリの最南端のパタゴニア地方(南極の近く)で採れる果物。見た目もアサイーやブルーベリーに似ている黒っぽい色の可愛い形。もちろんポリフェノール、特にアントシアニンが豊富です。

 

アントシアニンには、メタボを予防する効果や花粉症等のアレルギーを予防する効能があると言われています。個人的には眼がスッキリする。ポリフェノールは外敵(紫外線やウイルスなど)から身を守るために作り出す植物の成分。

 

マキベリーは南極に近いという厳しい自然環境という場所で自生しているため栽培も難しい。抗酸化作用がズバ抜けて高いのも、育っている環境が厳しいからなんて、やはり生き物。次世代フルーツとして貴重品な はなまるフルーツです。

 

【ポリフェノール含有量 mag GAE/100g】

 

・マキベリー 7500

・アサイー 1200

・アセロラ 1000

・クランベリー 700

・ブルーベリー 450

・キウイ 300

・ストロベリー 200

 

そのため、まだまだ値段的には普通に近くの安いスーパーやコンビニで加工品を取り扱い販売するまでに至っていない。アサイージュースなどがようやく通販だけでなく、コンビニで購入できる(でも価格はまだ高い)ようになったくらい。

 

参考価格としては、オーガニックマキベリーパウダー(113g/サンフードスーパーフーズ)では4410円。値段もまだまだ最強クラスのフルーツです。味はあっさりスッキリ系なので、スムージーやヨーグルトに入れると美味しい味。

 

2014年以降はマキベリーを手軽に摂取できるようになれたら、アサイーボウルに代わり、あさイチからマキベリーボウルを食べてみたいなと。まずは粉状のパウダーですね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク