希少糖の効果

希少糖の効果

希少糖とは、名前の通り自然界に微量しかない希少な糖のこと。希少糖はレアシュガーとも呼ばれる。特に新しいものでもなく、希少糖は昔からあったものですが、その効能や効果が今になって再認識されている食材。

 

栄養価やカロリーが求められていた時代には、砂糖やブドウ糖の効果・効能のほうが優等生だった。飽食の時代でカロリーオーバーでの肥満やメタボリック症候群(メタボ)・糖尿・ダイエットで痩せたい人が増えてきたので、効能や効果が見直されている希少糖。

 

あさイチから血糖値を気にせず甘味料を使える はなまる食品ですがデメリットも・・(ちなみに希少糖の甘みは通常の砂糖の約7割ほど)。

 

希少糖の効果と実用化は?

 

糖尿や肥満対策(急激な血糖値の上昇の抑制効果)、痩せたい人へのダイエット効果などから、次世代の甘味料として期待されている希少糖。

 

特にプシコースという希少糖が注目を浴びている。希少糖の効果は、他の糖の吸収を阻害する効果があり、

 

・肥満の改善・対策の効果

・アンチエイジング

・糖尿病の予防・対策効果

・抗酸化

・抗高血圧の効果

 

などにも期待が出来ると分かってきた。希少糖が含まれる食品や飲料(希少糖入りスイーツや希少糖ソーダ、シロップ等)が通販などでも取り扱い販売されているショップもある。

 

テレビで紹介された商品は人気で売り切れ・品切れ中だったりする。ただ、口コミやレビューでの評価はそれほど高くない。高いというのもあるのですが、純度も問題。

 

【希少糖(レアシュガー)の一例】

 

・L-グルコース

・D-アロース

・D-プシコース

・キシリトール

・L-リボース

 

まだまだ純度の高い希少糖が消費者に届くには2014年どころか2015年以降でも難しいようで、気軽にスーパーやコンビニのトクホのように手に入るものでもないようです。

 

と思っていたら、2014年早々にコンビニ(ローソンだったかセブンイレブンだったか忘れましたが)で希少糖のドリンクが取り扱われていてビックリ。さすがコンビニ、取り入れる早さはスゴイ。アサイーも早かったし、コンビニがあれば全部が揃う感じ。

 

少しずつ大量生産が出来るようになってきたようですが、それでもD-プシコース98%でも1gの量で15,000円ほど高価なもののようですし、まだまだ実用化には時間がかかりそう。

 

通販サイトでの口コミやレビューの評価・評判が高くない理由には、100%のプシコースではなく、ブドウ糖や果糖が含まれているからだと書かれています。

 

他の糖の吸収を阻害する効果はあるものの、やはり純度が求められる。あまり高くても低血糖が心配になったりもしますが、そこはどうなんでしょうかね。

 

あさイチから血糖値を気にせず使える夢のダイエット・肥満・糖尿等の対策に効果的な甘味料というわけにはいかないようです。まだまだ当分の健康管理には、普段の運動や食事バランス・食事制限が必要なようです。

 

はなまるマーケットでも2014年に取り上げられる予定なので、希少糖(レアシュガー)の効果も認知され、普及する大きなキッカケになりそうです。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク