メタボ臭

メタボ臭

加齢臭の治し方がとても気になるアラフォー、男。最近では、メタボ臭というものもあるようで、年齢(加齢)とともに体臭がキツくなる。メタボ臭の原因は、腸内細菌のバランスの乱れ・崩れにより臭くなるとか。

 

加齢臭とメタボ臭の違いは?

 

加齢臭の原因と言われるのは、ノネナール。体の皮脂腺から分泌される物質が酸化・分解して出来る物質がノネナールです。

 

特に40歳以上になると、体の酸化に対する抵抗力が落ちるため、臭いがキツくなるので加齢臭などと言われますが、ノネナールは若い人にもある。ちなみにノネナールの予防・改善の対策にはデオウを使っています。

 
⇒デオウの口コミ日記
 

一方、メタボ臭とは名前の通り、メタボリック症候群(メタボ体型)の人が出している臭いで、その臭いは加齢臭に似ているもので区別がつきにくい。

 

メタボ臭の原因もノネナール。ただ、メタボ臭は脂質のとりすぎ等が原因となって体臭のニオイが増すので、太っている・ポッチャリ体型のメタボの方は注意。

 

また、痩せていたら体は臭くないのかと言えばそうでもなく、ダイエット臭というのもある。ダイエット臭とは、急激な食事制限方法などの無茶なダイエット方法をすることで発するニオイ。

 

体の代謝が上手に働かないことで血液中に臭いを出す物質が出て、体が臭くなってしまう。ダイエット臭は果物が腐ったような甘酸っぱいニオイがする(※)

 

※代謝が低下することにより肝臓で脂肪酸が生産される。ケトン体が血中で増加すると、体臭・口臭・尿臭が出てくる。

 

一番怖いのは、メタボ臭を改善させようとメタボ体型から無茶なダイエット方法をすることで、メタボ臭+ダイエット臭になること・・。見た目が若くても、目に見えないニオイが臭いと幻滅ですし、年齢的にも香りには注意したいなと。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク