風邪とインフルエンザの症状の違い

風邪とインフルエンザの症状の違い

風邪とインフルエンザ。これからの乾燥の時期に混同しやすく素人判断では症状の違いも難しい。症状が出始めた段階が一番区別がつきやすい。

 

風邪とインフルエンザは、原因となるウィルスも違うので、病院に行けば風邪とインフルエンザの検査キット(鼻の穴に入れるキット)ですぐ判別ができますので、早くしっかりと治したい方は病院へ。

 

【風邪とインフルエンザの初期症状の違い】

 

・風邪・・ゆっくり発症して、喉や鼻の乾燥、くしゃみ

 

・インフルエンザ・・急激な発熱、悪寒、寒気、頭痛

 

【風邪とインフルエンザの進行の違い】

 

・風邪・・平熱~微熱。寒気は少し、鼻水、喉の痛み

 

・インフルエンザ・・38~40度の高熱、筋肉痛、関節痛

 

【ウイルス・原因の違い】

 

・風邪・・ウイルスは200種類以上もあり、種類によって症状が違う

 

※風邪ウイルスの種類の一例

 

・エンテロウイルス・・胃腸に感染

・ライノウイルス・・鼻に感染

 

・インフルエンザ・・インフルエンザウイルスが原因

 

※インフルエンザウイルス(A型/B型/C型)の比較

 

A型・・世界的に大流行しやすく、動物から感染することもある

B型・・A型ほど流行しなくて、人と人の感染が主

C型・・流行性が低い、子供が感染しやすい

 

A香港型のインフルエンザが特に重症化しやすいと言われている。インフルエンザは肺炎などの合併症など危険リスクもあるので予防して注意をしたいなと。

 

風邪を引き起こすウイルス・インフルエンザウイルスは、低温+乾燥を好むので、風邪やインフルエンザの流行は冬に多い。風邪のウイルスの感染経路は手が多いので、手洗いは大切です。

 

また、ビタミンAは皮膚の目・鼻・口の粘膜を正常に保つ効果があるので、ウイルスの侵入を防ぐ働き。またビタミンDはインフルエンザを撃退する効果がある。ビタミンDは日光浴をすることで体内で作られるので効果的な予防法です。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク