ダチョウ肥後さん腰痛を克服(金スマ)

ダチョウ肥後さん腰痛を克服(金スマ)

先日、友達から教わったマッケンジー法という腰痛を改善する方法。ダチョウ倶楽部のリーダー肥後克広さん(年齢50歳)が20年にも及ぶ腰痛を治療・解消した方法の一つとして書籍に載っている方法がマッケンジー法。

 

マッケンジー法は簡単なのに対処療法ではなく、日本人の腰痛の9割ほどに効果があるという方法です。一般的に病院で行われている腰痛治療の牽引や電気治療、薬の処方は対処療法であって、根本的に腰痛が治らないもの。病院に通っているのに腰痛が治らないというのは、そもそも当たり前だったりする。

 

マッケンジー法には『体を反らせる体操』『体を前かがみにする体操』『腰をずらせる体操』の3つがあり、一般的な人の腰痛には画像の『体を反らせる体操』が効果的。

 

マッケンジー法の方法の画像

マッケンジー法の画像

 

⇒マッケンジー法の方法へ

 

【金スマでダチョウ倶楽部の肥後さんの腰痛特集】

 

ダチョウ倶楽部の肥後さんが腰痛を克服した模様が金スマで紹介。金スマは、スマップの中居正広さんが司会をつとめる金曜日のスマたちへ(金スマ)というTBS系のテレビ番組。

 

※追記

日本人の約2800万人が悩んでいると言われる腰痛(Backach)。腰痛は、日本人の約8割は1度は苦しむ国民病。スマップの中居正広さんも腰痛に悩まされているとのこと。

 

ダチョウ倶楽部リーダーの肥後さんが”あきらめない腰痛”に紹介されている、腰痛に悩む人も腰痛予備軍にも効果がある。金スマでは腰痛改善には2タイプが紹介されていました。

 

腰痛改善2種類のタイプ

 

◎後屈改善タイプ

 

猫背や中腰姿勢などが原因での腰痛。ダチョウ倶楽部の肥後さんも後屈改善タイプの腰痛で、腰痛患者の6割が後ろにそらす体勢で腰痛が改善する。画像の方法で改善するタイプで、スタジオでは肥後さんの他、室井佑月さん、假屋崎省吾さんも後屈改善タイプ。

 

◎前屈改善タイプ

 

モデルさんなど極端に姿勢の良い人などに多い腰痛。約3割の腰痛患者に改善効果があり、前に腰を曲げる体勢で治っていくタイプ。スマップの中居さん、ベッキー、大竹しのぶさんと同じタイプの腰痛。

 

どちらかのタイプかを判断する方法は、

 

・膝を伸ばした状態で立つ

・膝を伸ばしたまま前かがみになる

・10回繰り返す

 

⇒腰に違和感や痛みを感じた人は後屈改善タイプ

 

・立った姿勢で腰に手を当てる

・膝を伸ばした状態で腰を後ろにそる

・10回繰り返す

 

⇒腰に違和感や痛みを感じた人は前屈改善タイプ

 

※腰痛がある方、体調に異常のある方はかかりつけの医師に相談の上行うこと

 

【後屈改善タイプの体操】

 

※画像、リンク先の方法です。

 

【前屈改善タイプの体操】

 

・イスに座って手を膝につける。足は肩幅より広く

・前かがみに行けるところまで腰を曲げる(猫のように背中を丸める)

・その時、体重がかかりすぎないように手で体を支える

・10回を1セットとして、1日5セット続ける

 

追記終わり※

 

軽い腰痛の悩みからマッケンジー法を教えてもらって、首こりまで改善した驚きの方法でした。画像にある絵とリンク先の説明では分かりにくいかもなので、テレビの動画として金スマで腰痛対策のマッケンジーの方法を習得するのがオススメです。

 

うつぶせ・腰を反らせるということは日本の椎間板ヘルニアには禁忌・タブーとされていたもの。私も最初はマッケンジー法を知らなくて怖かったですが、少しうつぶせの時間を我慢すれば腰痛も楽になってきて、2つ目、3つ目のストレッチまで簡単に行けて、腰痛よりも首痛のほうが先に効果が出た感じです。

 

腰痛で困っている人にはオススメの体操です。マッケンジー法の方法以外に、ダチョウ倶楽部のリーダーの肥後さんが行っていた腰痛対策の情報が金スマで紹介されていたら追記します。

 

金スマ司会のスマップの中居さんも年齢が41歳。スポーツ選手やダンサー、体を使う仕事の方は腰痛が命取りになったりしますし、まだまだ日本のトップアイドルとして続けてもらいたいですね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク