キューピーディフェの口コミ

キューピーディフェの口コミ

キューピーマヨネーズのディフェという商品をスーパーで購入してみた。緑のパッケージ(フタも緑色)が健康を意識している感じで、消費者庁許可の特定保健用食品(トクホ)

 

値段はキューピーハーフよりも約100円高い価格設定(210gで比較)。210gで約350円という値段に少し戸惑いましたが、キューピーディフェはコレステロールを下げる働きが売りのマヨネーズでトクホ。味も評価したいくらい普通に美味しかったので口コミの感想日記です。

 

キューピーディフェの画像

キューピーディフェの口コミ

もともとキューピーディフェは少し前から発売されていて口コミで評判だったようですが、新パーケージで味もコクがアップして新発売とのこと。

 

意外とベタなスーパーで取り扱いしていたので、通販で買わずに済みそうです。実際、まだAmazonでもレビュー1つないですし。

 

CMでも特定保健用食品(トクホ)のマヨネーズとしてキューピーディフェを推しているようですね。CMの雰囲気と曲が可愛いのはキューピーっぽい。

 

キューピーディフェのカロリーや効果は?

 

キューピーのマヨネーズにはカロリーハーフという人気商品がありますが、キューピーディフェとカロリーハーフのカロリーはほとんど同じ(値段はキューピーディフェのほうが高い)。15gあたりのカロリーは、

 

・通常のキューピーマヨネーズ 100キロカロリー

・キューピー1/2(ハーフ) 50キロカロリー

・ディフェ 48キロカロリー

 

ちなみに15gというのは、約大さじ1ぱいくらいの量で、キューピーディフェは1日15gを摂取の目安として推奨しています。これは、”15g摂取したほうが良いよ!”なのか、”15gまでに控えなさい”ってメッセージなのかイマイチ伝わらないCMだったりしますが・・。

 

そもそも、コレステロールを控えたいならマヨネーズ自体を食べなきゃいいし、柔らかい表現で濁すってことなのかな?キューピーディフェは、コレステロールの吸収を抑える効果の植物性ステロールを配合したマヨネーズ。

 

植物性ステロールが血中の総コレステロールやLDLコレステロールを下げてくれる効果・効能があるとのことで、生活習慣病やメタボ、ダイエット、健康維持の助けになるメタボだけどマヨネーズ好き(マヨラー)には助かる商品。

 

もともと健康的な人がキューピーマヨネーズのディフェを摂取しても、コレステロール値が下がり過ぎることもないようですし、大人から子供、男女問わず家族でも使い勝手が良さそうなトクホのマヨネーズです。

 

味の感想は、食べ比べをしないとほぼ分からない普通にマヨネーズ味でした。だから、特に良いとも悪いとも言えない味。普通の味って考えると値段が高いというのが頭にあるため、ついつい使う量を減らしてしまう。これがトクホの力・・?

 

カロリーハーフが出た時は、これで2倍のマヨネーズが使えるぞ!って思ったけど(今は慣れたけど最初はマズイと思った)、キューピーディフェは値段を意識してたっぷり使えない効果あり(笑)。

 

カキフライにはマヨネーズ派

キューピーディフェ

2013年はトクホのコーラやコーヒーが評価されて大ヒット。2014年以降、キューピーディフェというトクホのマヨネーズの人気や評判が楽しみです。でも、少しの値段で健康が買えると思うと、それは安い買い物だなと。簡単な口コミ感想日記でした。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク