食パンをナンにした

食パンをナンにした

久々にタイ料理を作ってたら、そんな日に限ってインド料理のお店のチラシが入っていた。ナンはタイカレーに使うものではなく、インドカレーに使うもの。

 

そんなことを全く知らずにタイカレーを作った2回に1回はナン、1回はライスで食べていた。今日はご飯を使い切りたかった日だったのに、インド料理屋のチラシのナンが美味しそうで美味しそうで・・。タイカレーでもナンは合う!

 

でも急激な寒さの中、スーパーに行く気にならなかったので、ナンを食パンで代用。今日はライス半分、食パン半分でカレー(グリーンカレー、レッドカレー、タンドリーチキン)を食べようと思いつつ(※ここで違和感を感じた人は料理通。下記に答えがあります)

 

それでも諦めきれず、『食パンをナンにする方法』とか適当にグーグル検索していると、食パンの耳を切って、食パンをちょっと圧縮して焼けばナンに近くなるみたいなレシピに行き当たる。先駆者って必ずネット上にいる。

 

食パンを軽く押しつぶして焼く・・。大丈夫なのか?と思いつつ、ナンが食べたい気持ちが勝って、ナンが頭の中で仕上がってしまい、食パンをナンにした先輩の作り方にアレンジを加えて(面倒な手際を省いて)作ることにした。

 

調理法は、食パンの耳を落として軽く潰して、フライパンで油も何も引かずに焼くという方法。もちろん食パンの耳の部分はトースターで焼いて食べた。

 

食パンのナン?タイカレーとタンドリーチキン

食パンをナンにした

 

で、出来上がったのが左下の皿にある焼き目のついたモノ。目を細めたら一瞬はナンかなぁ~とも見えるようで、思いっきり食パン。味も食パン。潰れた食パン。

 

モチモチ感もなく、たまにサクッとする。やっぱりパンだしタイカレーとは合わないこともない味だけど、次回はナンをしっかり買っておく。まぁ、限りなく失敗に近い失敗。

 

※タンドリーチキンはタイ料理ではなくインド料理。

 

タンドリーチキン、インド料理だって今日知った。読んでて違和感が出た人は料理通。タイ料理作ってるつもりだったけど、思いっきり良く言えば無国籍。ナンはインドでナンプラーがタイ、それだけでややこしい。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク