嚥下おでこ体操の方法

嚥下おでこ体操の方法

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学というテレビ番組で、嚥下おでこ体操というストレッチが良さそうでした。高齢者の方は飲み込む力(嚥下機能)が低下することで色々な病気につながるので注意が必要。

 

嚥下おでこ体操で肺炎予防の効果

 

嚥下おでこ体操とは、低下した飲み込み力をアップする簡単なストレッチ方法。飲み込み力が弱くなる高齢者などは、夜に寝ている時に肺炎になるリスクが上がる。

 

そのために嚥下機能を高めて肺炎予防の方法として嚥下おでこ体操が紹介されていました。嚥下機能が落ちている人にも効果があるようなのでオススメです。やり方も簡単なのでメモ。

 

【嚥下おでこ体操の方法】

 

・座った状態で姿勢を正す

・左右どちらの手でも良いので、おでこに手のひらを縦に当てる

・頭が動かないように手で押さえながら、おへそ部分を見る

・手のひらとおでこで押し合いを5秒間

・嚥下おでこ体操は1日5回程度を行う

・反対の手で、のど仏の上を触り、筋肉が硬くなっているのを確認

 

飲み込む時に大事なのは、喉仏が上下すること。嚥下おでこ体操では、のど仏の筋肉を鍛える体操。肺炎予防や飲み込む機能の低下を解決する方法です。

 

嚥下おでこ体操をするのは、食事前が効果的。特に飲み込む機能が落ちている高齢者や患者さんは、毎食前に嚥下おでこ体操をすることで、食事がスムーズになりやすい。ストレッチとして癖つけておくと効果的です。

 

嚥下機能を高めるのも大事ですが、肺炎は口の中の細菌が肺の中に入って炎症を起こすので、肺炎予防には口の中をキレイにすることも重要。毎食後、特に寝る前の歯磨きをすることで肺炎予防の効果は大とのこと。

 

これからの冬は寒くて空気が乾燥する季節。風邪や肺炎、気管支の病気にも注意したいなと。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク