負の報酬

負の報酬

子供や若者から大人まで、ネットやゲーム、SNSのやりすぎで私生活に影響がでている人が多い。『正の報酬』を求めてしまいやめられないという状態が問題になっているようですが、そこには『負の報酬』『依存症』の難しい面がある。

 

【正の報酬とは】

 

正の報酬とは、例えばギャンブルで考えると、パチンコや競馬で勝つことによって得られる報酬や充足感。また、オンラインゲームの場合は、仲間とのコミュニケーションや自分のキャラクター・プレイ技量の熟練による尊敬、達成感などに陶酔できる。

 

依存症と負の報酬とは?

 

負の報酬とは、正の報酬を得られなくなるデメリット。ギャンブルから足を洗うだけなら負の報酬を負うことも少ないですが、ネットゲームにハマる人は、『仲間ハズレや相手にされなくなる、迷惑をかけるかもしれない』と感じる負の報酬が働いてしまう。

 

ギャンブルやゲームにハマっていても、それに費やす金額や時間が家族や友人、仕事などの私生活に迷惑をかけていないとか、効率よく行えるなら問題がない(ただ、受け身な形で正の報酬を受けるという発想は少し問題がありそうですが・・)。

 

【全強化と部分強化とは】

 

ギャンブルやオンラインゲームは巧みに作られているし、SNSやネットなども近い感覚がある。何かをしたときに必ず見返り(報酬)がある状態を『全強化』と呼ばれ、時おり報酬を得られるのが『部分強化』と呼ばれます。

 

実験用のラットがボタンを押すとエサが出てくるという実験。毎回ボタンを押せばエサが出てくるラット(全強化)は、たまにしかエサが出てこないラット(部分強化)に比べて、ボタンを押す頻度が激減したという結果に。

 

全強化では興味が薄れやすく、部分強化では熱中しやすい効果がある。さらに、部分強化には種類がある。

 

【部分強化の種類】

 

・定時強化・・毎回ではなくても定期的に報酬がある

・定率強化・・不定期に決まった報酬がある

・不定時強化・・不定期にある程度決まった報酬がある

・不定率強化・・報酬が一定ではない

 

パチンコなどのギャンブルには、不定時強化や不定率強化の性質があり、依存している人はその部分に夢中になってしまう。

 

毎日決まった時間に、3回までアイテムゲットの無料スロットが引けるなどのようなネットゲームには定時強化の感覚に近いですし、ネット内でのコミュニケーションには部分強化にハマる側面も多い気がします。

 

ネットゲームやギャンブル依存症、スマホ依存症の方は、『いつでもやめられる』という気持ちを持ちやすく、『ギャンブルで取り返してやろう』『あと1回でプレイは辞めよう』という考えで深みにハマっていきやすい。

 

自分が病気ということを自覚することが依存症を抜け出す簡単な方法です。とは言え、自分も大学生の頃はギャンブル依存症気味でして、その当時の友達はほぼギャンブルが好きな仲間。同じ趣味の仲間が集まるもの。

 

そのメンバーと一緒に抜け出せたから良かったものの(奇跡的に全員同時に彼氏が出来た・・笑)、一人だけ辞めるというのは『負の報酬』そのまま引き受ける状況。ネットゲームだと自宅で一番落ち着いた席で行えるので、難しい時代だなと思います。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク