うちわはぎ レシピ

うちわはぎ レシピ

名古屋の松坂屋の魚屋さんで うちわはぎの刺し身を購入。ぶっちゃけ、うちわはぎという名前も初めて見たのでどうやって食べるのかレシピが分からなかったのでレジの女性に うちわはぎとは?という質問をした。すると、レシピどころか うちわはぎ自体をあまり分からないという回答・・(泣)。

 

うちわはぎ刺し身

うちわはぎのレシピ 

まぁ、レジの女性に聞くのではなく、魚を卸しているor魚を売っているオジ様に聞けば良かったのですが、もう鮮魚コーナーに戻るのも面倒で(すでにレジ打ちし始めてたので)、レシピや画像を検索。

 

グーグルで『うちわはぎ』と検索すると、これまた愛らしい(ちょっと不細工)な魚さん。馬面のボーっとした天然っぽい顔立ち。うちわはぎの見た目が愛らしくて、何となく画像を保存して帰宅。

 

ふぐ刺しのポン酢・もみじおろし・醤油が うちわはぎとセットに入っていたので、それを手がかりに食べることにしました。ウチワの形をしたハギだろうということで(カワハギみたいなもの)食べ始めたところ、ふぐのあっさりした味に近かったです。

 

うちわはぎの肝はコッテリして美味しかった。もう、こっちが断然に主役。うちわはぎの肝だけ売ってたら、次回はそれを買いたい。うちわはぎは刺し身の他は鍋のレシピでも使われる食材のようですが、値段からして鍋に使うなんてとんでもない贅沢品という感じですが・・。

 

ぶっちゃけ、刺し身部分は特に感動はなかった味でした。うちわはぎとは別に、刺し身や寿司を買っていたので、うちわはぎの淡白な味は物足りなかった。うちわはぎの見た目が可愛いので飼いたい。

 

うちわはぎのレシピ

 

色々とネットで検索していると、うちわはぎのレシピでは刺し身と鍋が圧倒的に多かった。刺し身はもみじおろし+ポン酢か、わさび醤油。あと、醤油にうちわはぎの肝をといて、『肝醤油』にして刺し身を食べるレシピが・・。このレシピで食べたら良かった(涙)。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク