ゼラチンふりかけの効果と作り方

ゼラチンふりかけの効果と作り方

テレビ番組を見ていると、ゼラチンふりかけの作り方やレシピが紹介されていました。ゼラチンをふりかけにして手軽に料理レシピに入れることで、健康効果や美肌効果だけでなく料理も美味しくする一石二鳥の調味料が人気とのこと(ゼラチンふりかけ健康レシピというタイトル本ですが、作り方より応用レシピが多い感じ)。

 

ゼラチンは、コラーゲンを分解して作られるものなので、料理をする際に手軽にコラーゲンを調味料として使えるのが便利かなと。ゼラチンふりかけは、美肌にこだわる女性に特にオススメな感じでしたが、作り方も簡単なので男性の一人暮らしでも便利そうです。作り方のレシピも簡単だったしメモです。ショウガパウダーを使ったゼラチンふりかけを常用保存したいなと。

 

ゼラチンふりかけの作り方レシピ

 

◎ゼラチンふりかけ1種類目(2人前)

 

・ゼラチンパウダー 15g

・粉チーズ 20g

・ドライトマト 30g

・塩 11g

 

イカと野菜の炒めものなどには、このゼラチンふりかけだけで十分に味が整うとのこと。ゼラチンが熱に溶けてイカをコーティングしてプリプリ食感を倍増させる。ゼラチンがイカの表面に膜を作る効果や、キャベツに照りを作る効果がある。溶けたゼラチンは料理のツヤの他、コクまで出してくれる。

 

◎ゼラチンふりかけ2種類目(2人前)

 

・ゼラチンパウダー 15g

・しょうがパウダー 30g

・塩 15g

 

ゼラチンふりかけ画像

ゼラチンふりかけ

みりん系は全く使わないのですが、炒めものがツヤっぽくなりました。いつもと変わらない作り方だったので、ゼラチンふりかけの効果なのかなと(気持ち肉は少なめ・・)。

 

ゼラチンふりかけはコラーゲンの効果?

 

・肌がつやつや

・髪がしなやか

・骨が強くなる

・関節痛が改善

 

など、ゼラチンふりかけを料理に使うことで、ゼラチンやコラーゲンで言われている美肌・健康効果もあるようです。ゼラチンはコラーゲンの主成分ですしね。ゼラチンふりかけは、料理自体の味や見た目、調理過程、保存にも良い効果があるとのこと。

 

例えば炒めものにゼラチンふりかけを入れることで、野菜の表面に照りが出たり、また味にコクが出る効果もある。ゼラチンが食品に膜を貼るので、チャーハン等のお米の場合、米の中に水分が閉じ込められパラパラに作れるなど食感にも良い効果がある。

 

また、ゼラチンふりかけを使った煮物等も冷蔵や冷凍中に水分が出て味が落ちるということを減らす効果があるとのこと。保存にも良い効果があるので万能。ゼラチンふりかけを考案したのは藤野良孝さん。

 

藤野良孝さんは朝日大学で准教授をされているのですが、ちょっとオネエさんな感じが組合の親近感でした(笑)。栗原はるみさんが男の人になった雰囲気が、お母さんぽくて可愛かった。

 

ゼラチンふりかけには、黒すりごまやカレー粉、唐辛子、ゆず、抹茶など、好きな調味料にゼラチンパウダーを入れれば出来上がり。手軽に真似が出来る作り方の万能調味料です。健康+美肌+料理の味アップの効果、上手に使いたいなと。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク