グルテン抜きダイエット方法

グルテン抜きダイエット方法

小麦や大麦に多く含まれているグルテン。そのグルテンを食べると食欲を刺激する。そのため、食事方法をグルテンフリー(グルテン抜き・グルテンカット)にすることで、常に食べたくなってしまうという状態を回避できる。グルテン依存症チェックは下記。

 

グルテンフリーダイエット(グルテン抜きダイエット)方法が海外セレブ(マイリーサイラスやガガ様)などに人気。グルテンは、小麦や大麦、ライ麦に含まれるタンパク質の一種。

 

ラーメン・パン・うどん・パスタ・ケーキ・クッキーなどの食品に含まれているので、グルテン抜きでダイエットするのも難しいですが、グルテン自体は悪いタンパク質ではなく、食べる量が問題。

 

過剰なグルテンが食べ過ぎの原因を招くので、グルテン抜きダイエットでグルテンを摂取を避けるのが新しいダイエット方法だとテレビで紹介されていました。

 

グルテン抜きダイエット方法・効果は?

 

グルテンは胃の中で分解されてペプチドになる。そのペプチドの一部は脳に作用して麻薬が結合する受容体にグルテンから出たペプチドが結合する。それが非常に強い作用になるため、段々と依存という形になってしまう。

 

簡単に言うと、グルテンが胃で分解されて脳に伝わると、食欲を刺激する。そしてますますグルテンを求めるようになるため、食事量が増えて太ってしまうという悪循環になるということ。

 

グルテン抜きをすることで、ダイエットの失敗が少ないという効果が高まります。脳の反応を、自分の意思では抑えきれない。グルテン依存症という人もいるようなので、ダイエットに失敗する人はグルテン依存症のような状態になっていないかチェックするのも良いかと。

 

【グルテン依存症】

 

グルテン依存によって1日約400kcalという量を自分の意思ではなく、グルテン依存された脳に食べさせられているという研究結果もあるようです。グルテン依存になっているならダイエットしても成功しないですし、痩せられなくて太ってしまうのも仕方ない。

 

元ミス・ユニバースジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんが、グルテン依存度のチェック方法を紹介していました。

 

グルテン依存チェックリスト

 

・朝食はゴハンよりパン

 

・パスタ・ラーメンなど食事を1種類にしがち

 

・メニュー・料理レシピに困ったら麺類

 

・ケーキやドーナツなど流行のスイーツ好き

 

・外食は和食より洋食好き

 

・パンケーキが大好き

 

・お好み焼き・たこ焼き等の粉物レシピが好き

 

チェックリストで3個以上の人はグルテン依存になる可能性が高いとのこと。日本の食生活を考えると、グルテンを意識して抜く方法を取らないと、ダイエットは難しいなと思えるチェックです。

 

グルテン抜きダイエットを成功させるには、グルテンが含まれている食品を覚えること。小麦粉が多く使用されている食品を避ける事が、手っ取り早くグルテン抜きダイエットになりますね。

 

麺料理だとしても、十割そば・はるさめ、後は、ごはん・もち・肉・魚・野菜・根菜等はグルテンが含まれない食品としてチェックです。グルテン抜き(グルテンフリー)までは難しいですが、抜けるところは抜いて、ぽっこりお腹を解消したいなと。グルテンがカットされている麺類などもあるので、色々とレシピを覚えたいなと。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク