熟睡ダイエット方法

熟睡ダイエット方法

良質な睡眠(熟睡)をとることがダイエットにつながるため、しっかり寝ることで痩せようというのが熟睡ダイエット方法。基本的には自律神経を整える(副交感神経を優位にする)方法に近いですね。

 

熟睡ダイエット方法の4カ条がテレビで紹介されていたのでメモです。特別なダイエット方法というよりは、1つの生活習慣に取り入れる(変化させる)ことで、運動や食事制限なしでダイエット・痩せる体や体質になれるという方法です。

 

熟睡ダイエット方法の4カ条

 

・スマホは寝る2時間前まで

 

スマホやパソコンのブルーライトは、紫外線に近い波長が短くエネルギーの強い光です。そのブルーライトは疲れ目に影響を与えるとされています。

 

実際、目が疲れる人が多いデスクワークの人がブルーライトを抑えるメガネなどヒットしています。このブルーライトの悪影響は、睡眠の質を低下させることから肥満につながるとのことです。

 

ブルーライトで太るというのは、目から入ったブルーライトが脳に働きかけてメラトニン(睡眠に向けて体の状態を整えるホルモン)の分泌を抑えてしまう。深い睡眠になることで成長ホルモンが分泌されるので、質の良い睡眠がダイエットに繋がるという根拠。

 

・4秒で吸って8秒で吐く腹式呼吸

 

腹式呼吸を4秒かけて吸い、8秒で吐くという方法。深い呼吸方法を取るという方法で、副交感神経をアップさせるという方法。ストレス解消方法という効果もありますし、熟睡ダイエットには欠かせない。

 

・頭と顔のタッピング

 

タッピングとは、指先でトントンと軽く叩く方法(人差し指・中指・薬指で)。震災後のストレス解消方法としてもタッピングは効果が高いと紹介しているテレビが多かったですし、リラックスのために実践している人は多いかもですね。

 

自分で頭や顔のタッピングでも効果がありますが、誰かにしてもらう方がより効果が高いとタッピングの書籍にはありました。ただ、熟睡ダイエット方法は寝る前に行うので、自分で側頭部を後ろから前へと軽く叩いていき、眉間⇒眉⇒目の周辺⇒鼻の下⇒アゴという順番で30秒ほど。

 

タッピングは、強く叩き過ぎると熟睡を妨げる逆効果になるので、ゆっくりと行うことが注意点。布団に入ってから軽くするのも良さそうです。

 

・寝る1時間前に大さじ1杯のハチミツを食べる

 

熟睡ダイエット方法で、ハチミツを寝る1時間前に摂取するのが1番の目玉方法。ハチミツを摂取することで、肝臓にハチミツの糖質を蓄え、それが睡眠中に脳のエネルギー源となり、成長ホルモンの分泌を盛んにして、睡眠中の体脂肪の燃焼を促進してくれるようです。

 

ハチミツと言っても、甘みの少ない天然ハチミツがオススメ。ハチミツには代謝を促すビタミンB群等の美容効果の高い成分も豊富。R-1ヨーグルトにハチミツを足して飲むと便秘解消効果もありますし、免疫力も高めてくれるので、ダイエット中の弱った体を健康状態にしてくれる。

 

また、牛乳とハチミツだとダブルでメラトニンを出す効果も高いですね。熟睡ダイエット方法は痩せる体を作るという習慣のような方法ですし、普段のダイエットに追加するという方法が一番効果的かなと思います。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク